1. Ma C, Horlad H, Ohnishi K, Nakagawa T, Yamada S, Kitada S, Motoshima T, Kamba T, Nakayama T, Fujimoto N, Takeya M, Komohara Y.
CD163-positive cancer cells are potentially associated with high malignant potential in clear cell renal cell carcinoma.
Med Mol Morphol 51: 13-20, 2018.

2. Nohara T, Ono M, Nishioka N, Masuda F, Fujiwara Y, Ikeda T, Nakano D, Kinjo J.
New cyclic sulfides, garlicnins I2, M, N, and O, from Allium sativum.
J Nat Med 72: 326-331, 2018.

3. Kitano Y, Okabe H, Yamashita YI, Nakagawa S, Saito Y, Umezaki N, Tsukamoto M, Yamao T, Yamamura K, Arima K, Kaida T, Miyata T, Mima K, Imai K, Hashimoto D, Komohara Y, Chikamoto A, Ishiko T, Baba H.
Tumour-infiltrating inflammatory and immune cells in patients with extrahepatic cholangiocarcinoma.
Br J Cancer 118: 171-180, 2018.

4. Nohara T, Ono M, Nishioka N, Masuda F, Fujiwara Y, Ikeda T, Nakano D, Kinjo J.
New cyclic sulfides extracted from Allium sativum: garlicnins P, J2, and Q.
J Nat Med 72: 335-341, 2018.

5. Motoshima T, Miura Y, Wakigami N, Kusada N, Takano T, Inoshita N, Okaneya T, Sugiyama Y, Kamba T, Takeya M, Komohara Y.
Phenotypical change of tumor-associated macrophages in metastatic lesions of clear cell renal cell carcinoma.
Med Mol Morphol 51: 57-63, 2018.

6. Arima K, Komohara Y, Bu L, Tsukamoto M, Itoyama R, Miyake K, Uchihara T, Ogata Y, Nakagawa S, Okabe H, Imai K, Hashimoto D, Chikamoto A, Yamashita YI, Baba H, Ishimoto T.
Down-regulation of 15-PGDH by interleukin-1 beta from activated macrophages leads to poor prognosis in pancreatic cancer.
Cancer Sci 109: 462-470, 2018.

7. Omoto T, Kim-Kaneyama JR, Lei XF, Orimo A, Ohnishi K, Yoshihara K, Miyauchi A, Li S, Gao L, Umemoto T, Tanaka J, Nakahara K, Takeya M, Ishida F, Kudo SE, Haraguchi S, Miyazaki T, Miyazaki A.
The impact of stromal Hic-5 on the tumorigenesis of colorectal cancer through lysyl oxidase induction and stromal remodeling.
Oncogene 37: 1205-1219, 2018.

8. Yamada S, Senokuchi T, Matsumura T, Morita Y, Ishii N, Fukuda K, Murakami S, Nishida S, Kawasaki S, Motoshima H, Furukawa N, Komohara Y, Fujiwara Y, Koga T, Yamagata K, Takeya M, Araki E.
Inhibition of Local Macrophage Growth Ameliorates Focal Inflammation and Suppresses Atherosclerosis.
Arterioscler Thromb Vasc Biol 38: 994-1006, 2018.

9. Asano T, Ohnishi K, Shiota T, Motoshima T, Sugiyama Y, Yatsuda J, Kamba T, Ishizaka K, KomoharaY.
CD169-positive sinus macrophages in the lymph nodes determine bladder cancer prognosis.
Cancer Sci 106: 1723-1730, 2018.

10. Fujiwara Y, Saito Y, Shiota T, Cheng P, Ikeda T, Ohnishi K, Takeya M, Komohara Y.
Natural compounds that regulate lymph node sinus macrophages: Inducing an anti-tumor effect by regulating macrophage activation.
J Clin Exp Hematop 58: 17-23, 2018.

11. Hide T, Komohara Y, Miyasato Y, Nakamura H, Makino K, Takeya M, Kuratsu JI, Mukasa A, Yano S.
Oligodendrocyte Progenitor Cells and Macrophages/Microglia Produce Glioma Stem Cell Niches at the Tumor Border.
EBioMedicine 30: 94-104, 2018.

12. Shiraishi D, Fujiwara Y, Horlad H, Saito Y, Iriki T, Tsuboki J, Cheng P, Nakagata N, Mizuta H, Bekki H, Nakashima Y, Oda Y, Takeya M, Komohara Y.
CD163 is required for protumoral activation of macrophages in human and murine sarcoma.
Cancer Res 78: 3255-3266, 2018.

13. Miyasato Y, Yoshizawa T, Sato Y, Nakagawa T, Miyasato Y, Kakizoe Y, Kuwabara T, Adachi M, Ianni A, Braun T, Komohara Y, Mukoyama M, Yamagata K.
Sirtuin 7 Deficiency Ameliorates Cisplatin-induced Acute Kidney Injury Through Regulation of the Inflammatory Response.
Sci Rep 8: 5927, 2018.

14. Minayoshi Y, Maeda H, Yanagisawa H, Hamasaki K, Mizuta Y, Nishida K, Kinoshita R, Enoki Y, Imafuku T, Chuang VTG, Koga T, Fujiwara Y, Takeya M, Sonoda K, Wakayama T, Taguchi K, Ishima Y, Ishida T, Iwakiri Y, Tanaka M, Sasaki Y, Watanabe H, Otagiri M, Maruyama T.
Development of Kupffer cell targeting type-I interferon for the treatment of hepatitis via inducing anti-inflammatory and immunomodulatory actions.
Drug Deliv 25: 1067-1077, 2018.

15. Tanoue Y, Toyoda T, Sun J, Mustofa MK, Tateishi C, Endo S, Motoyama N, Araki K, Wu D, Okuno Y, Tsukamoto T, Takeya M, Ihn H, Vaziri C, Tateishi S.
Differential Roles of Rad18 and Chk2 in Genome Maintenance and Skin Carcinogenesis Following UV Exposure.
J Invest Dermatol 138: 2550-2557, 2018.

16. Miyasato Y, Takashima Y, Takeya H, Yano H, Hayano A, Nakagawa T, Makino K, Takeya M, Yamanaka R, Komohara Y.
The expression of PD-1 ligands and IDO1 by macrophages/microglia in primary central nervous system lymphoma.
J Clin Exp Hematop58: 95-101, 2018.

17. Imamura Y, Tashiro H, Tsend-Ayush G, Haruta M, Dashdemberel N, Komohara Y, Tsuboki J, Takaishi K, Ohba T, Nishimura Y, Katabuchi H, Senju S.
Novel therapeutic strategies for advanced ovarian cancer by using iPS cell-derived myelomonocytic cells producing interferon beta.
Cancer Sci 109: 3403-3410, 2018.

18. Endo S, Nishimura N, Kawano Y, Ueno N, Ueno S, Tatetsu H, Komohara Y, Takeya M, Hata H, Mitsuya H, Masao M, Okuno Y.
MUC1/KL-6 expression confers an aggressive phenotype upon myeloma cells.
Biochem Biophys Res Commun 507: 246-252, 2018.

19. Fujita A, Tsukaguchi H, Koshimizu E, Nakazato H, Itoh K, Kuraoka S, Komohara Y, Shiina M, Nakamura S, Kitajima M, Tsurusaki Y, Miyatake S, Ogata K, Iijima K, Matsumoto N, Miyake N.
Homozygous splicing mutation in NUP133 causes Galloway-Mowat syndrome.
Ann Neurol 84: 814-828, 2018.

20. Takamatsu K, Nakane S, Suzuki S, Kosaka T, Fukushima S, Kimura T, Miyashita A, Mukaino A, Yamakawa S, Watanabe K, Jinnin M, Komohara Y, Ihn H, Ando Y.
Immune checkpoint inhibitors in the onset of myasthenia gravis with hyperCKemia.
Ann Clin Transl Neurol 5: 1421-1427, 2018.

21. Takeya H, Shiota T, Yagi T, Ohnishi K, Baba Y, Miyasato Y, Kiyozumi Y, Yoshida N, Takeya M, Baba H, Komohara Y.
High CD169 expression in lymph node macrophages predicts a favorable clinical course in patients with esophageal cancer.
Pathol Int 68: 685-693, 2018.

22. Komohara Y, Noyori O, Saito Y, Takeya H, Baghdadi M, Kitagawa F, Hama N, Ishikawa K, Okuno Y, Nosaka K, Seino KI, Matsuoka M, Suzu S.
Potential anti-lymphoma effect of M-CSFR inhibitor in adult T-cell leukemia/lymphoma.
J Clin Exp Hematop 58: 152-160, 2018.

23. Nohara T, Ono M, Yamaguchi K, Sakamoto N, Fujiwara Y, Ikeda T, Nakane H, Nakano D, Kinjo J.
On the constituents of garlic sprouts grown in water.
Current Topics in Phytochemistry 14: 33-38, 2018.

24. Nohara T, Ono M, Ikeda T, Fujiwara Y, Nakano D, Kinjo J.
Two new cyclic sulfides, onionins B1 and B2, from onion.
Current Topics in Phytochemistry 14: 71-75, 2018.

25. Nohara T, Fujiwara Y, Ono M, Ikeda T, El-Aasr M, Nakano D, Kinjo J.
Major constituents of garlic: antitumor thiolane-type sulfoxides.
Current Topics in Phytochemistry 14: 87-98, 2018.

26. 菰原義弘、大西紘二、藤原章雄、竹屋元裕.
がん免疫(第7回) がん免疫におけるマクロファージの意義とその制御.
炎症と免疫   26: 56-61, 2018.

27. 竹屋元裕、菰原義弘、藤原章雄.
腫瘍随伴マクロファージ (TAM) とM2活性化.
臨床免疫・アレルギー科   70: 45-52, 2018.

ページのトップへ


1. Motohiro Takeya.
In Memory of Professor Emeritus Kiyoshi Takahashi (1935 - 2016): A pioneer clarified fetal origin of tissue-resident macrophages. (Memorial lecture)
The 14th Japanese-Korean Lymphoreticular Workshop 2018, January 26-27, 2018 (Kanagawa, Japan, The Prince Hakone Lake Ashinoko)

2. Yoshihiro Komohara, Osamu Noyori, Chaoya Ma, Cheng Pan, Joaquim Carreras, Naoya Nakamura, Ai Sato, Kiyoshi Ando, Yutaka Okuno, Kisato Nosaka, Masao Matsuoka, Motohiro Takeya, and Shinya Suzu.
IL-34 induces cell migration, and its ectopic expression correlates with macrophage infiltration and prognosis of DLBCL.
The 14th Japanese-Korean Lymphoreticular Workshop 2018, January 26-27, 2018 (Kanagawa, Japan, The Prince Hakone Lake Ashinoko)

3. Cheng Pan, Hasita Horlad, Yukio Fujiwara, Daisuke Niino, Yutaka Okuno, Masao Matsuoka, Motohiro Takeya, Yoshihiro Komohara.
Targeting cholesterol efflux is a promising approach for anti-lymphoma therapy.
The 14th Japanese-Korean Lymphoreticular Workshop 2018, January 26-27, 2018 (Kanagawa, Japan, The Prince Hakone Lake Ashinoko)

4. Yoshihiro Komohara, Toyohisa Iriki, Koji Ohnishi, Yukio Fujiwara.
Tumor-Associated Macrophages Induce Cancer Cell Proliferation and Chemo-resistance via Stat3 activation.
The 6th JCA-AACR Special Joint Conference, July 10-12, 2018 (Kyoto Tokyu Hotel, Kyoto)

5. 菰原義弘.
がん免疫とミエロイド細胞の接点-PD-L1陽性マクロファージの意義.
Kyusyu Cancer Immunology Forum 平成30年2月18日(福岡、ホテルニューオータニ博多)

6. 大西紘二.
がんのPD-L1発現多様性とリンパ節洞マクロファージのCD169発現に着目したコンパニオン診断の可能性.
Kyusyu Cancer Immunology Forum 平成30年2月18日(福岡、ホテルニューオータニ博多)

7. 藤原章雄、西東洋一、Horlad Hasita、菰原義弘.
ヒトマクロファージをターゲットとした創薬研究.
ポスター賞(日本ハム賞)
第7回 超異分野学会 平成30年3月2-3日(東京、TEPIA先端技術館)

8. 中川雄伸、小崎唯、宮川育子、稲葉勇太.
病理標本作製室における作業環境の整備.
平成29年度 熊本大学総合技術研究会 平成30年3月16日(熊本、熊本大学工学部)

9. 藤原章雄、白石大偉輔、潘 程、中川雄伸、宮川育子、竹屋元裕、菰原義弘.
腫瘍進展におけるマクロファージスカベンジャー受容体CD163の機能解析.
日本薬学会 第138回年会 平成30年3月25-28日(金沢、ANA クラウンプラザホテル金沢)

10. 潘 程、藤原章雄、池田 剛、宮川育子、中川雄伸、竹屋元裕、菰原義弘.
イカリソウ由来化合物のマクロファージ活性化制御を介した抗腫瘍作用.
日本薬学会 第138回年会 平成30年3月25-28日(金沢、ANA クラウンプラザホテル金沢)

11. 安田忠仁、外山栄一郎、坂田和也、高田登、吉仲一郎、原田和則、菰原義弘.
直腸癌手術を契機に発見された、巨大な肛門管由来線維上皮性ポリープの一例.
第118回 日本外科学会定期学術集会 平成30年4月5-7日(東京、東京国際フォーラム)

12. 藤原章雄、前田涼子、竹下英徳、菰原義弘.
塩分を吸着する食品素材の探索.
日本食品化学学会 第24回総会・学術大会 平成30年5月17-18日(東京、東京ビックサイト)

13. 竹屋元裕、菰原義弘、藤原章雄.
マクロファージと老化 — 加齢関連疾患におけるマクロファージの役割.
シンポジウム
第18回 日本抗加齢医学会総会 平成30年5月25-27日(大阪、大阪国際会議場)

14. 菰原義弘.
がん免疫におけるマクロファージ・ミエロイド系細胞の役割.
招待講演
第107回 日本病理学会総会 平成30年6月21-23日(札幌、ロイトン札幌)

15. 大西紘二、菰原義弘.
胃底腺型胃癌に類似した組織学的形態を示し、内分泌細胞癌を考えた特殊胃癌の1例.
第107回 日本病理学会総会 平成30年6月21-23日(札幌、ロイトン札幌)

16. 西東洋一、田中隆介、藤原章雄、田畑泰彦、菰原義弘.
ワークショップ4「組織反応における免疫細胞の役割」
再生医療への応用を目指した医用材料「フィブリンハイドロゲル」に対するマクロファージの反応性解析.
第107回 日本病理学会総会 平成30年6月21-23日(札幌、ロイトン札幌)

17. 宮里祐子.
ヒト悪性腫瘍における免疫微小環境の解析と免疫細胞の役割解析.
第107回 日本病理学会総会 平成30年6月21-23日(札幌、ロイトン札幌)

18. 脇上菜々子、草田夏希、菰原義弘.(学生ポスター発表)
腎癌原発巣と転移巣における腫瘍随伴マクロファージのフェノタイプ解析.
第107回 日本病理学会総会 平成30年6月21-23日(札幌、ロイトン札幌)

19. Yoshihiro Komohara, Yoichi Saito, Takuya Shiota, Hiroto Takeya, Yukio Fujiwara, Koji Ohnishi.
The significance of lymph node macrophages in the induction of anti-tumor immune response in human malignant tumors.
第45回 内藤コンファレンス 平成30年6月26日〜29日(札幌、シャトレーゼ ガトーキングダム サッポロ)

20. 藤原章雄、白石大偉輔、西東洋一、潘 程、小田義直、竹屋元裕、菰原義弘.
マクロファージCD163の肉腫進展における機能解析.
第58回 日本リンパ網内系学会 平成30年6月28日-30日(名古屋、ウインク愛知)

21. 竹屋元裕、菰原義弘、藤原章雄、大西紘二.
随伴マクロファージ(TAM)の機能とその由来の多様性.
第28回 樹状細胞研究会 平成30年6月29日(名古屋、ウインク愛知)

22. 潘 程、藤原章雄、Horlad Hasita、中川雄伸、宮川育子、菰原義弘.
コレステロール代謝経路を標的とした高悪性度リンパ腫の治療戦略.
平成30年度 日本生化学会九州支部例会 平成30年6月30日-7月1日(福岡、九州大学医学部百年講堂)

23. 大西紘二.
右側頭部皮下腫瘍.
第364回 九州・沖縄スライドコンファレンス 平成30年7月7日(熊本、熊本市医師会館)

24. 三浦裕司、元島崇信、菰原義弘.
淡明細胞型腎細胞癌の原発巣と転移巣における腫瘍関連マクロファージ表現型の相違.
第49回 腎癌研究会 平成30年7月7日(東京、品川インターシティホール)

25. 菰原義弘、白石大偉輔、西東洋一、Horlad Hasita、藤原章雄.
M2-likeマーカーであるCD163はマクロファージの腫瘍促進性活性化に関与する.
第22回 日本がん免疫学会総会 平成30年8月1日〜3日(岡山、岡山コンペンションセンター)

26. 竹屋裕斗、塩田拓也、大西紘二、菰原義弘.
食道癌におけるCD169陽性リンパ節洞マクロファージとがん免疫の関連性.
第22回 日本がん免疫学会総会 平成30年8月1日〜3日(岡山、岡山コンペンションセンター)

27. 梅本覚司、春田美和、匂坂正孝、粟井博丈、池田徳典、竹屋元裕、 菰原義弘、西村泰治、千住覚.
MHC欠損ES細胞由来IFN産生ミエロイド細胞による大腸癌転移モデルのアロ個体への治療効果と宿主免疫系に及ぼす影響.
第22回 日本がん免疫学会総会 平成30年8月1日〜3日(岡山、岡山コンペンションセンター)

28. 藤原章雄.
ヒトマクロファージをターゲットとした創薬研究.
創薬技術検討会 平成30年8月22日(熊本、熊本大学薬学部宮本記念館)

29. 西東洋一.
病理診断でがん患者の治療法決定・予後予測ができる時代へ向けて: 所属リンパ節中のマクロファージを用いたがん免疫モニタリングの開発.
創薬技術検討会 平成30年8月22日(熊本、熊本大学薬学部宮本記念館)

30. 楠木槙、坂本暉、鶴拓人、藤原章雄、今村裕子、本田律生、菰原義弘、片渕秀隆.
卵巣子宮内膜症性嚢胞の形態構築とマクロファージの分布についての組織学的検討.
第50回 日本臨床分子形態学会総会・学術集会 平成30年9月7日〜8日(東京、北里大学大村記念ホール)

31. 西東洋一.
かさぶたとマクロファージで再生医療.
京都大学アカデミックデイ2018 平成30年9月22日(京都、京都大学吉田キャンパス百周年時計台記念館)

32. 藤原章雄、白石大偉輔、潘 程、中川雄伸、宮川育子、菰原義弘.
M2マクロファージマーカーの腫瘍進展における機能.
第91回 日本生化学会大会  平成30年9月24-26日(京都、国立京都国際会館)

33. 菰原義弘、藤原章雄、大西紘二、西東洋一.
がん免疫におけるリンパ節マクロファージの重要性.
第77回 日本癌学会学術総会  平成30年9月27-29日(大阪、大阪国際会議場)

34. 藤原章雄、白石大偉輔、Hasita Horlad、菰原義弘.
肉腫の腫瘍微小環境におけるマクロファージスカベンジャー受容体CD163の機能解析.
第77回 日本癌学会学術総会  平成30年9月27-29日(大阪、大阪国際会議場)

35. 秀拓一郎、菰原義弘、宮里祐子、中村英夫、牧野敬史、竹屋元裕、倉津純一、武笠晃丈、矢野茂敏.
腫瘍境界部のグリオーマ細胞は特殊な微小環境を利用し治療抵抗性を獲得する.
第77回 日本癌学会学術総会  平成30年9月27-29日(大阪、大阪国際会議場)

36. 塚本雅代、今井克憲、石本崇胤、菰原義弘、山下洋市、中川茂樹、梅崎直紀、山尾宣暢、岡部弘尚、近本亮、石河隆敏、廣田昌彦、馬場秀夫.
腫瘍浸潤マクロファーシジ由来のTNF-αがPD-L1の発現を増強し、膵癌患者における予後不良の原因となる.
第77回 日本癌学会学術総会  平成30年9月27-29日(大阪、大阪国際会議場)

37. 西東洋一.
がん細胞のPD-L1発現の意義を再考する:病理レポートの重要性と高精度治療予測を目指して.
招待講演
第3回 熊本肺癌免疫療法セミナー 平成30年11月7日(熊本、ANAクラウンプラザホテル 熊本ニュースカイ)

38. 菰原義弘.
がん免疫におけるマクロファージの役割.
招待講演
第46回 臨床免疫学会総会 平成30年11月8-10日(軽井沢、軽井沢プリンスホテルウエスト)

39. 菰原義弘.
がんにおけるマクロファージの役割:細胞間相互作用の重要性.
招待講演
第16回 がんとハオポキシア研究会 平成30年11月9-10日(千葉、ホテルグリーンタワー幕張)

40. 藤原章雄、西東洋一、菰原義弘.
CD163 陽性マクロファージを誘導する物資の生体材料への応用の可能性.
第45回 日本臨床バイオメカニクス学会  平成30年11月16-17日(秋田、秋田アトリオン)

41. 松下昂樹、中島昌利、松下寛、坂井良成、幸宏道、菰原義弘.
メトトレキサートの長期投与で発症したリンパ増殖性疾患の1例.
日本内科学会九州支部 第323回九州地方会 平成30年11月18日(鹿児島、城山ホテル鹿児島)

42. 藤原章雄.
天然化合物による糖化物質の生成と作用の制御.
招待講演
第41回 日本分子生物学会年会 平成30年11月28-30日(横浜、パシフィコ横浜)

43. 菰原義弘.
未分化肉腫における免疫細胞とCD163の重要性.
第3回 日本肉腫学会・日本臨床肉腫学会 合同年次総会 平成30年12月12
-13日(東京、東京コンベンションホール)



2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017
 
2018 2019 2020 2021