1. Ishimoto T, Izumi D, Watanabe M, Yoshida N, Hidaka K, Miyake K, Sugihara H, Sawayama H, Imamura Y, Iwatsuki M, Iwagami S, Baba Y, Horlad H, Komohara Y, Takeya M, Baba H.
Chronic inflammation with Helicobacter pylori infection is implicated in CD44 overexpression through miR-328 suppression in the gastric mucosa.
J Gastroenterol 50: 751-757, 2015.

2. Arita-Okubo S, Kim-Kaneyama JR, Lei XF, Fu WG, Ohnishi K, Takeya M, Miyauchi A, Honda H, Itabe H, Miyazaki T, Miyazaki A.
Role of Hic-5 in the formation of microvilli-like structures and the monocyte-endothelial interaction that accelerates atherosclerosis.
Cardiovasc Res 105: 361-371, 2015.

3. Jinushi M, Komohara Y.
Tumor-associated macrophages as an emerging target against tumors: Creating a new path from bench to bedside. [Review on Cancer]
Biochim Biophys Acta 1855: 124-130, 2015.

4. Komohara Y, Niino D, Ohnishi K, Ohshima K, Takeya M.
Role of tumor-associated macrophages in hematological malignancies. (Review)
Pathol Int 65: 170-176, 2015.

5. Nohara T, Fujiwara Y, Komota Y, Kondo Y, Saku T, Yamaguchi K, Komohara Y, Takeya M.
Cyclic Sulfoxides-Garlicnins K1, K2, and H1-Extracted from Allium sativum.
Chem Pharm Bull (Tokyo) 63: 117-121, 2015

6. Ohmoto T, Yoshitani N, Nishitsuji K, Takayama T, Yanagisawa Y, Takeya M, Sakashita N.
CD44-expressing undifferentiated carcinoma with rhabdoid features of the pancreas: Molecular analysis of aggressive invasion and metastasis.
Pathol Int 65: 264-270, 2015.

7. Takamoto H, Eguchi K, Kawabata T, Fujiwara Y, Takeya M, Tsukamoto S.
Inhibitors for cholesterol ester accumulation in macrophages from Chinese cabbage.
Biosci Biotechnol Biochem 79: 1315-1319, 2015.

8. Kosumi K, Baba Y, Ishimoto T, Harada K, Miyake K, Izumi D, Tokunaga R, Murata A, Eto K, Sugihara H, Shigaki H, Iwagami S, Sakamoto Y, Miyamoto Y, Yoshida N, Watanabe M, Komohara Y, Takeya M, Baba H.
Relationship between LINE-1 hypomethylation and Helicobacter pylori infection in gastric mucosae.
Med Oncol 32: 117, 2015.

9. Komohara Y, Morita T, Annan DA, Horlad H, Ohnishi K, Yamada S, Nakayama T, Kitada S, Suzu S, Kinoshita I, Dosaka-Akita H, Akashi K, Takeya M, Jinushi M.
The coordinated actions of TIM-3 on cancer and myeloid cells in the regulation of tumorigenicity and clinical prognosis in clear cell renal cell carcinomas.
Cancer Immunol Res 3: 999-1007, 2015.

10. Motoshima T, Komohara Y, Horlad H, Takeuchi A, Maeda Y, Tanoue K, Kawano Y, Harada M, Takeya M, Eto M.
Sorafenib enhances the anti-tumor effect of anti-CTLA-4 antibody by inhibiting myeloid-derived suppressor cells.
Oncol Rep 33: 2947-2953, 2015.

11. Enoki Y, Ishima Y, Tanaka R, Sato K, Kimachi K, Shirai T, Watanabe H, Chuang VT, Fujiwara Y, Takeya M, Otagiri M, Maruyama T.
Pleiotropic Effects of Levofloxacin, Fluoroquinolone Antibiotics, against Influenza Virus-Induced Lung Injury.
PLoS One 10: e0130248, 2015.

12. Saito Y, Ohnishi K, Miyashita A, Nakahara S, Fujiwara Y, Horlad H, Motoshima T, Fukushima S, Jinnin M, Ihn H, Takeya M, Komohara Y.
Prognostic significance of CD169+ lymph node sinus macrophages in patients with malignant melanoma.
Cancer Immunol Res 3: 1356-1363, 2015.

13. Eguchi K, Kato H, Fujiwara Y, Losung F, Mangindaan RE, de Voogd NJ, Takeya M, Tsukamoto S.
Bastadins, brominated-tyrosine derivatives, suppress accumulation of cholesterol ester in macrophages.
Bioorg Med Chem Lett 25: 5389-5392, 2015.

14. Nohara T, Fujiwara Y, Zhou JR, Urata J, Ikeda T, Murakami K, El-Aasr M, Ono M.
Saponins, Esculeosides B-1 and B-2, in Tomato Juice and Sapogenol, Esculeogenin B1.
Chem Pharm Bull (Tokyo) 63: 848-850, 2015.

15. Arima K, Okabe H, Hashimoto D, Chikamoto A, Kuroki H, Taki K, Kaida T, Higashi T, Nitta H, Komohara Y, Beppu T, Takeya M, Baba H.
The Neutrophil-to-Lymphocyte Ratio Predicts Malignant Potential in Intraductal Papillary Mucinous Neoplasms.
J Gastrointest Surg 19: 2171-2177, 2015.

16. Fujiwara Y, Shiraishi D, Yoshitomi M, Ikeda T, Mizuta H, Takeya M, Komohara Y.
Soyasapogenols contained in soybeans suppress tumour progression by regulating macrophage differentiation into the protumoural phenotype.
J Funct Foods 19: 594-605, 2015.

17. Oda E, Hashimoto D, Shiomi Y, Ohnishi K, Hayashi H, Chikamoto A, Takeya M, Baba H.
A case of occult intrahepatic cholangiocarcinoma diagnosed by autopsy.
Surg Case Rep 1: 101, 2015.

18. Nakanishi Y, Nishi N, Chikaura H, Nakashima Y, Miura H, Higaki H, Mizuta H, Iwamoto Y, Fujiwara Y, Komohara Y, Takeya M.
Textured bearing surface in artificial joints to reduce macrophage activation.
Surf Topogr: Metrol Prop, 3, 2015.

19. 菰原義弘、竹屋元裕.
がん病態におけるマクロファージの重要性─標的細胞としての可能性─.
細胞 47: 294-297, 2015.

20. 菰原義弘、竹屋元裕.
リンパ腫におけるマクロファージの役割, Role of macrophages in malignant lymphoma.
日本臨床 73: 134-139, 2015.

ページのトップへ


1. Yoshihiro Komohara, Koji Ohnishi, Motohiro Takeya.
CD169-positive lymph node sinus macrophages are correlated with a favorable prognosis in patients with endometrial carcinoma.
Keystone Symposia on Molecular and Cellular Biology, March 8-13, 2015 (Fairmont The Queen Elizabeth, Montreal, QC, Canada)

2. Yukio Fujiwara, Koji Ohnishi, Yoichi Saito, Daisuke Shiraishi, Hasita Horlad, Motohiro Takeya, Yoshihiro Komohara.
CD163, a scavenger receptor for the hemoglobin-haptoglobin complex, impair the excessive inflammatory responses in murine model of endotoxin shock.
Keystone Symposia on Molecular and Cellular Biology, March 8-13, 2015 (Fairmont The Queen Elizabeth, Montreal, QC, Canada)

3. Daisuke Shiraishi, Yukio Fujiwara, Hasita Horlad, Hiroshi Mizuta, Motohiro Takeya Yoshihiro Komohara.
CD163 (hemoglobin scavenger receptor) expressed on macrophages is involved in tumorgenesis in murine sarcoma model.
Keystone Symposia on Molecular and Cellular Biology, March 8-13, 2015 (Fairmont The Queen Elizabeth, Montreal, QC, Canada)

4. Yoichi Saito, Koji Ohnishi, Azusa Miyashita, Satoshi Nakahara, Yukio Fujiwara, Hasita Horlad, Takanobu Motoshima, Satoshi Fukushima, Masatoshi Jinnin, Hironobu Ihn, Motohiro Takeya, Yoshihiro Komohara.
CD169-positive sinus macrophages in regional lymph nodes are associated with better survival in patients with malignant melanoma.
AACR annual meeting 2015, April 18-22, 2015 (Pennsylvania convention center, Philadelphia, PA)

5. Junko Tsuboki, Yukio Fujiwara, Hasita Horlad, Hidetaka Katabuchi, Yoshihiro Komohara, Motohiro Takeya.
Onionin A inhibits ovarian cancer progression via STAT3 pathway inactivation of ovarian cancer cells and macrophages in cancer microenvironment.
International Conference of Cancer Immunology and Macrophages 2015 (がん免疫療法・マクロファージ国際会議2015), July 9-11, 2015 (Ito Hall, Ito International Research Center, The University of Tokyo, Japan)

6. Toyohisa Iriki, Koji Ohnishi, Yoshihiro Komohara, Yukio Fujiwara, Hirotsugu Kohrogi, Motohiro Takeya.
The significance of tumor-associated macrophages in small cell lung cancer.
International Conference of Cancer Immunology and Macrophages 2015 (がん免疫療法・マクロファージ国際会議2015), July 9-11, 2015 (Ito Hall, Ito International Research Center, The University of Tokyo, Japan)

7. Takuya Shiota, Yuko Miyasato, Koji Ohnishi, Mutsuko Ibusuki, Hironori Iwase, Motohiro Takeya, Yoshihiro Komohara.
Clinicopathological study of CD169-positive lymph node macrophage in patients with breast cancer.
International Conference of Cancer Immunology and Macrophages 2015 (がん免疫療法・マクロファージ国際会議2015), July 9-11, 2015 (Ito Hall, Ito International Research Center, The University of Tokyo, Japan)

8. Yuko Miyasato, Takuya Shiota, Koji Ohnishi, Mutsuko Ibusuki, Hirotaka Iwase, Motohiro Takeya, Yoshihiro Komohara.
The density of CD204-positive macrophages predicts clinical prognosis in patients with breast cancer.
International Conference of Cancer Immunology and Macrophages 2015 (がん免疫療法・マクロファージ国際会議2015), July 9-11, 2015 (Ito Hall, Ito International Research Center, The University of Tokyo, Japan)

9. Yukio Fujiwara, Yoshihiro Komohara, Yuta Nakashima, Yoshitaka Nakanishi, Motohiro Takeya.
Regulation of macrophage activation by natural compounds and unnatural compounds.
Japan-the Netherlands Symposium on Soft-Tribology, September 10-13, 2015 (Kumamoto university, Kumamoto, Japan)

10. Yukio Fujiwara, Yoshihiro Komohara, Hasita Horlad, Toshihiro Nohara, Motohiro Takeya.
Onionin A, a new sulfur-containing compound isolated from onion, impairs tumor development and lung metastasis by regulating macrophage activation.
International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015: PACIFICHEM 2015, December 15-20 (Honolulu, Hawaii, USA)

11. 竹屋元裕.
腫瘍随伴マクロファージ(TAM)の病理学的解析.
拠点形成研究A「代謝を基盤とした癌のグローバル先端研究教育拠点」発表会 平成27年3月12日(熊本、熊本大学医学部山崎記念館)

12. 大西紘二.
Clinical significance of CD169-positive lymph node macrophages in human malignant tumors.
拠点形成研究A「代謝を基盤とした癌のグローバル先端研究教育拠点」発表会 平成27年3月12日(熊本、熊本大学医学部山崎記念館)

13. 西東洋一.
癌と肥満におけるCD163の役割.
拠点形成研究A「代謝を基盤とした癌のグローバル先端研究教育拠点」発表会 平成27年3月12日(熊本、熊本大学医学部山崎記念館)

14. 元島崇信.
Enhanced anti-tumor effects of anti-CTLA-4 antibody and anti-PD-1 antibody to kidney cancer model in mice.
拠点形成研究A「代謝を基盤とした癌のグローバル先端研究教育拠点」発表会 平成27年3月12日(熊本、熊本大学医学部山崎記念館)

15. 馬超亜.
腎癌におけるCD44発現とマクロファージの関連性.
拠点形成研究A「代謝を基盤とした癌のグローバル先端研究教育拠点」発表会 平成27年3月12日(熊本、熊本大学医学部山崎記念館)

16. 中川雄伸.
大学院生命科学研究部・細胞病理学分野における技術職員の業務.
平成26年度 熊本大学総合技術研究会 平成27年3月20日(熊本、熊本大学工学部)

17. 元島崇信、菰原義弘、哈斯塔、塚本博丈、藤田貢、西東洋一、鹿瀬島裕、河野吉昭、西村泰治、竹屋元裕、江藤正俊.
腎細胞癌患者における抹消血抑制性ミエロイド細胞の解析.
第103回 日本泌尿器科学会総会 平成27年4月18-21日(金沢、ANAクラウンプラザホテル金沢)

18. 鹿瀬島裕、元島崇信、河野吉昭、江藤正俊、菰原義弘、竹屋元裕.
マウス膀胱癌モデル及びシスプラチン耐性膀胱癌モデルにおける抗CTLA-4抗体による抗腫瘍効果についての検討.
第103回 日本泌尿器科学会総会 平成27年4月18-21日(金沢、ANAクラウンプラザホテル金沢)

19. 菰原義弘、藤原章雄、大西紘二、竹屋元裕.
がんにおけるマクロファージの役割 (The significance of tumor-associated macrophages (TAMs) in human malignant tumors).  
シンポジウム
第104回 日本病理学会総会 平成27年4月30日-5月2日(名古屋、名古屋国際会議場)

20. 藤原章雄、白石大偉輔、HASITA Horlad、菰原義弘、水田博志、竹屋元裕.
腫瘍の進展におけるマクロファージヘモグロビンスカベンジャー受容体(CD163)の機能解析.
第104回 日本病理学会総会 平成27年4月30日-5月2日(名古屋、名古屋国際会議場)

21. 大西紘二、西東洋一、菰原義弘、竹屋元裕.
悪性腫瘍におけるCD169陽性リンパ節マクロファージの臨床的意義.
第104回 日本病理学会総会 平成27年4月30日-5月2日(名古屋、名古屋国際会議場)

22. 大西紘二.
悪性腫瘍におけるCD169陽性リンパ節マクロファージの臨床病理学的意義の解明.
学術奨励賞受賞講演
第104回 日本病理学会総会 平成27年4月30日-5月2日(名古屋、名古屋国際会議場)

23. Horlad Hasita, Yoshihiro Komohara, Daisuke Niino, Koichi Ohshima, Motohiro Takeya.
TIM3 expression in lymphoma cells is involved in chemo-resistance in patients with adult T-cell leukemia/lymphoma (ATLL).
第104回 日本病理学会総会 平成27年4月30日-5月2日(名古屋、名古屋国際会議場)

24. 西東洋一.
悪性黒色腫における所属リンパ節内CD169陽性洞マクロファージを用いた予後予測の有用性-CD169陽性細胞数は生命予後と相関する-.
100周年記念 病理学研究新人賞受賞
第104回 日本病理学会総会 平成27年4月30日-5月2日(名古屋、名古屋国際会議場)

25. 中尾純子、藤原章雄、菰原義弘、片渕秀隆、竹屋元裕.
STAT3 経路の活性を抑制する天然化合物 Onionin A のマウスにおける抗腫瘍効果についての検討.
第104回 日本病理学会総会 平成27年4月30日-5月2日(名古屋、名古屋国際会議場)

26. 入來豊久、大西紘二、菰原義弘、藤原章雄、興梠博次、竹屋元裕.
小細胞肺癌における腫瘍随伴マクロファージの重要性.
第104回 日本病理学会総会 平成27年4月30日-5月2日(名古屋、名古屋国際会議場)

27. Chaoya Ma, Yoshihiro Komohara, Takanobu Motoshima, Sousuke Yamada, Toshiyuki Nakayama, Motohiro Takeya.
Infiltration of tumor-associated macrophages is involved in CD44 expression in clear cell renal cell carcinoma.
第104回 日本病理学会総会 平成27年4月30日-5月2日(名古屋、名古屋国際会議場)

28. 蓮井和久、JIA Xinshan、谷本昭英、竹屋元裕、青笹克之、佐藤榮一.
リンパ腫の細胞性微小環境はその発生母地研究と病理診断に有用な情報を提供する.
第104回 日本病理学会総会 平成27年4月30日-5月2日(名古屋、名古屋国際会議場)

29. 遠藤慎也、幸宏道、菰原義弘、上野志貴子、西村直、上野二菜、立津央、藤原志保、和田奈緒子、平田真哉、竹屋元裕、畑裕之、岡田誠治、満屋裕明、奥野豊.
PU.1はマウス成熟B細胞および形質細胞における腫瘍抑制因子である.
第40回 日本骨髄腫学会 平成27年5月16-17日(熊本、くまもと森都心プラザ)

30. 吉谷信幸、中川雄伸、菰原義弘、竹屋元裕、坂下直実.
肺病変 (pulmonary tumor thrombotic microangiopathy).
日本病理学会中国四国支部学術集会 (第117回 スライドカンファレンス)  平成27年6月27日(米子、鳥取大学)

31. 牧山恵里香、松山順次、木田徹也、菰原義弘、竹屋元裕、新留琢郎.
腫瘍関連マクロファージに取り込まれるマグネタイトナノ粒子の作製.
第31回 日本DDS学会学術集会 平成27年7月2
-3日(東京、京王プラザホテル)

32. 丸本倍美、坂本峰至、丸本幸治、鶴田昌三、衞藤光明、竹屋元裕.
水俣病急性発症例の大脳,小脳,肝臓,腎臓における水銀およびセレンの局在.
第26回 日本微量元素学会学術集会 平成27年7月4
-5日(札幌、北海道大学)

33. 藤原章雄、白石大偉輔、HORLAD Hasita、菰原義弘、水田博志、竹屋元裕.
マクロファージスカベンジャー受容体であるCD163の腫瘍増殖における機能性.
第55回 日本リンパ網内系学会総会 平成27年7月9
-11日(岡山、岡山コンペンションセンター)

34. 菰原義弘、竹屋元裕.
ヒト悪性腫瘍におけるマクロファージの役割と標的細胞としての可能性.
シンポジウム
第25回 日本樹状細胞研究会 平成27年7月10日(岡山、岡山コンペンションセンター)

35. 西東洋一、藤原章雄、白石大偉輔、哈斯塔、菰原義弘、竹屋元裕.
脂質代謝とCD163 陽性マクロファージとの関連について.
奨励賞受賞
第25回 日本樹状細胞研究会 平成27年7月10日(岡山、岡山コンペンションセンター)

36. 元島崇信、菰原義弘、哈斯塔、塚本博丈、西東洋一、鹿瀬島裕、河野吉昭、西村泰治、竹屋元裕、江藤正俊.
腎細胞癌患者における末梢血抑制性ミエロイド細胞の解析.
第46回 腎癌研究会 平成27年7月19日(東京、品川インターシティホール)

37. 塩田拓也、宮里祐子、大西絋二、菰原義弘、指宿睦子、岩瀬弘敬、竹屋元裕.
乳癌患者におけるリンパ節CD169陽性マクロファージの臨床病理学的研究.
第12回 日本病理学会カンファレンス 平成27年7月24
-25日(神戸、六甲山ホテル)

38. 宮里祐子、塩田拓也、大西紘二、指宿睦子、山本豊、岩瀬弘敬、竹屋元裕、菰原義弘.
乳癌においてCD204陽性マクロファージ浸潤密度は予後予測因子となる.
第12回 日本病理学会カンファレンス 平成27年7月24
-25日(神戸、六甲山ホテル)

39. 古川昇、谷口純一、小山耕太、中川富紀子、宮前志穂、松井邦彦、安東由喜雄、竹屋元裕.
熊本大学医学部学生の自主学習状況調査について.
第47回 日本医学教育学会大会 平成27年7月24-25日(新潟、朱鷺メッセ)

40. 菰原義弘.
マクロファージの分化・活性化に関する最近の話題と疾患への関与.
招待講演
第16回 Atherosclerosis and Biolipid Conference 平成27年8月1日(東京、ホテル日航東京)

41. 坂下直実、山下太郎、中川雄伸、安東由喜雄、竹屋元裕.
肝移植後に著明なステロイド関連心筋肥大を呈した家族性アミロイドポリニューロパチーの症例解析.
第3回 日本アミロイドーシス研究会学術集会 平成27年8月21日(東京、KKRホテル東京)

42. 中西義孝、西真生、近浦裕斗、中島雄太、藤原章雄、菰原義弘、竹屋元裕、水田博志、三浦博正、岩本幸秀、日垣秀彦.
人工関節軸受部の表面テクスチャが生体反応因子に与える影響.
2015年度 日本機械学会年次大会、平成27年9月13
-16日(札幌、北海道大学)

43. 中島雄太、近浦裕斗、西真生、藤原章雄、菰原 義弘、竹屋元裕、中西義孝.
人工関節摺動面から発生する磨耗粉がマクロファージの免疫機能に与える影響.
2015年度 日本機械学会年次大会、平成27年9月13
-16日(札幌、北海道大学)

44. 近浦裕斗、西真生、吉岡陸、政岡晴行、中島雄太、藤原章雄、菰原義弘、竹屋元裕、水田博志、日垣秀彦、中西義孝.
人工関節からの摩耗粉がマクロファージの活動と炎症性サイトカイン産生量に与える影響.
第26回 バイオフロンティア講演会 平成27年10月2
-3日(福岡、九州大学)

45. 菰原義弘、Horlad Hasita、元島崇信、山田壮亮、中山敏幸、江藤正俊.
腫瘍随伴マクロファージは腎細胞癌のCD44発現に関与する.
第74回 日本癌学会学術総会 平成27年10月8
-10日(名古屋、名古屋国際会議場)

46. Yukio Fujiwara, Daisuke Shiraishi, Yoichi Saito, Motohiro Takeya, Yoshihiro Komohara.
Expression of CD163 in macrophages is related to tumorigenesis in murine sarcoma model.
第74回 日本癌学会学術総会 平成27年10月8
-10日(名古屋、名古屋国際会議場)

47. Toyohisa Iriki, Koji Ohnishi, Yoshihiro Komohara, Yukio Fujiwara, Hirotsugu Kohrogi, Motohiro Takeya.
Macrophages induced activation of STAT3 on small-cell lung cancer cells.
第74回 日本癌学会学術総会 平成27年10月8
-10日(名古屋、名古屋国際会議場)

48. 元島崇信、菰原義弘、哈斯塔、塚本博丈, 藤田貢、西東洋一、河野吉昭、西村泰治、竹屋元裕、江藤正俊.
腎細胞癌患者における末梢血抑制性ミエロイド細胞の解析.
第74回 日本癌学会学術総会 平成27年10月8
-10日(名古屋、名古屋国際会議場)

49. 藤田貢、奥田武司、中田晋、菰原義弘、加藤天美、義江修.
腫瘍内M2マクロファージにおけるB7-H3およびB7-H5発現量は肺癌原発転移性脳腫瘍の発症と相関する.
第74回 日本癌学会学術総会 平成27年10月8
-10日(名古屋、名古屋国際会議場)

50. 上川将史、菰原義弘、岡部英俊、竹屋元裕、水田博志.
未分化多形肉腫(悪性線維性組織球腫)における腫瘍関連マクロファージの役割.
第30回 日本整形外科学会基礎学術総会 平成27年10月22-23日(富山、富山国際会議場)

51. 白石大偉輔、 藤原章雄、菰原義弘、池田剛、竹屋元裕、水田博志.
Soyasapogenolはマクロファージの活性化を制御することによって腫瘍移植モデルマウスの腫瘍進展を抑制する.
第30回 日本整形外科学会基礎学術総会 平成27年10月22-23日(富山、富山国際会議場)

52. 藤原章雄、中尾純子、菰原義弘、野原稔弘、池田剛、片渕秀隆、竹屋元裕.
STAT3 経路の活性化を抑制するタマネギ成分ONA の抗腫瘍効果の検討.
第6回 食品薬学シンポジウム 平成27年10月30
-31日(岡山、岡山大学創立五十周年記念館)

53. Chaoya Ma, Yoshihiro Komohara, Koji Ohnishi, Sohsuke Yamada, Toshiyuki Nakayama, Shohei Kitada, Masatoshi Eto, Motohiro Takeya.
Infiltration of tumor-associated macrophages is involved in CD44 expression in clear cell renal cell carcinoma.
第61回 日本病理学会秋期特別総会 平成27年11月5
-6日(東京、東京大学安田講堂)

54. 入來豊久.
中枢神経病変に対するEGFR-TKIの効果
Kumamoto Lung Cancer Meeting 2015 平成27年11月6日(熊本、ホテルニューオータニ熊本)

55. 松山順次、牧山恵里香、川内竜太、木田徹也、菰原義弘、竹屋元裕、新留琢郎.
腫瘍関連マクロファージに取り込まれるマグネタイトナノ粒子の作製.
第37回 日本バイオマテリアル学会大会 平成27年11月9-10日(京都、京都テルサ)

56. OHNISHI Koji, KOMOHARA Yoshihiro, SAITO Yoichi, TAKEYA Motohiro.
CD169+ macrophages in regional lymph nodes involved in the tumor immunity and prognosis in patients with colorectal cancer, melanoma and endometrial cancer.
第44回 日本免疫学会学術集会 平成27年11月18日
-20日(札幌、札幌コンベンションセンター)

57. 菰原義弘.
婦人科疾患における腹腔マクロファージの役割. 
シンポジウム
第30回 日本生殖免疫学会総会 平成27年11月21
-22日(熊本、くまもと県民交流館パレア)

58. 入來豊久,大西紘二,菰原義弘,藤原章雄,興梠博次,竹屋元裕.
小細胞肺癌におけるSTAT3活性化と腫瘍随伴マクロファージの関連性.
第56回 日本肺癌学会学術集会 平成27年11月26
-27日(横浜、パシフィコ横浜)

59. 藤原章雄、中尾純子、西東洋一、片渕秀隆、竹屋元裕、菰原義弘.
低分子硫黄含有化合物であるONAはガン微小環境におけるSTAT3の不活性化を介して卵巣癌の進展を抑制する.
第88回 日本生化学会大会 平成27年12月1
-4日(神戸、ポートアイランド)

60. 末永元輝、池田徳典、千住覚、菰原義弘、本川拓誠、田崎雅義、三隅洋平、植田光晴、西村泰治、竹屋元裕、安東由喜雄.
ヒトiPS細胞由来マクロファージを利用した家族性アミロイドポリニューロパチーの新たな治療法開発の検討.
第88回 日本生化学会大会 平成27年12月1
-4日(神戸、ポートアイランド)


2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017
 
2018 2019 2020 2021