1. Komohara Y, Jinushi M, Takeya M.
Clinical significance of macrophage heterogeneity in human malignant tumors.
Cancer Sci 105: 1-8, 2014.

2. Kaku Y, Imaoka H, Morimatsu Y, Komohara Y, Ohnishi K, Oda H, Takenaka S, Matsuoka M, Kawayama T, Takeya M, Hoshino T.
Overexpression of CD163, CD204 and CD206 on alveolar macrophages in the lungs of patients with severe chronic obstructive pulmonary disease.
PLos One 9: e87400, 2014.

3. Noguchi H, Yamada S, Nabeshima A, Guo X, Tanimoto A, Wang KY, Kitada S, Tasaki T, Takama T, Shimajiri S, Horlad H, Komohara Y, Izumi H, Kohno K, Ichijo H, Sasaguri Y.
Depletion of apoptosis signal-regulating kinase 1 prevents bile duct ligation-induced necro-inflammation and subsequent peribiliary fibrosis.
Am J Pathol 184: 644-661, 2014.

4. Yamamoto M, Yanagisawa R, Motomura E, Nakamura M, Sakamoto M, Takeya M, Eto K.
Increased methylmercury toxicity related to obesity in diabetic KK-Ay mice.
J Appl Toxicol 34: 914-923, 2014.

5. Ishimoto T, Sugihara H, Watanabe M, Sawayama H, Iwatsuki M, Baba Y, Okabe H, Hidaka K, Yokoyama N, Miyake K, Yoshikawa M, Nagano O, Komohara Y, Takeya M, Saya H, Baba H.
Macrophage-derived reactive oxygen species suppress miR-328 targeting CD44 in cancer cells and promote redox adaptation.
Carcinogenesis 35: 1003-1011, 2014.

6. Horio E, Kadomatsu T, Miyata K, Arai Y, Hosokawa K, Doi Y, Ninomiya T, Horiguchi H, Endo M, Tabata M, Tazume H, Tian Z, Takahashi O, Terada K, Takeya M, Hao H, Hirose N, Minami T, Suda T, Kiyohara Y, Ogawa H, Kaikita K, Oike Y.
Role of Endothelial Cell-Derived Angptl2 in Vascular Inflammation Leading to Endothelial Dysfunction and Atherosclerosis Progression.
Arterioscler Thromb Vasc Biol 34: 790-800, 2014.

7. Yoshizawa T, Karim MF, Sato Y, Senokuchi T, Miyata K, Fukuda T, Go C, Tasaki M, Uchimura K, Kadomatsu T, Tian Z, Smolka C, Sawa T, Takeya M, Tomizawa K, Ando Y, Araki E, Akaike T, Braun T, Oike Y, Bober E, Yamagata K.
SIRT7 Controls Hepatic Lipid Metabolism by Regulating the Ubiquitin-Proteasome Pathway.
Cell Metab 19: 712-721, 2014.

8. Fujiwara Y, Takeya M, Komohara Y.
A Novel Strategy for Inducing the Antitumor Effects of Triterpenoid Compounds: Blocking the Protumoral Functions of Tumor-Associated Macrophages via STAT3 Inhibition.
Biomed Res Int 2014: 348539, 2014.

9. Khan S, Rahman HN, Okamoto T, Matsunaga T, Fujiwara Y, Sawa T, Yoshitake J, Ono K, Ahmed KA, Rahaman MM, Oyama K, Takeya M, Ida T, Kawamura Y, Fujii S, Akaike T.
Promotion of atherosclerosis by Helicobacter cinaedi infection that involves macrophage-driven proinflammatory responses.
Sci Rep 4: 4680, 2014.

10. Nohara T, Manabe H, Fujiwara Y, Ikeda T, Ono M, Murakami K, Nakano D, Kinjo J, Kajimoto T.
Conversion of tomato saponins to pregnane derivatives.
Chem Pharm Bull (Tokyo) 62: 483-487, 2014.

11. Nohara T, Fujiwara Y, Ikeda T, Yamaguchi K, Manabe H, Murakami K, Ono M, Nakano D, Kinjo J.
Acyclic Sulfides, Garlicnins L-1-L-4, E, and F, from Allium sativum.
Chem Pharm Bull (Tokyo) 62: 477-482, 2014.

12. El-Desoky AH, Kato H, Eguchi K, Kawabata T, Fujiwara Y, Losung F, Mangindaan RE, de Voogd NJ, Takeya M, Yokosawa H, Tsukamoto S.
Acantholactam and Pre-neo-kauluamine, Manzamine-Related Alkaloids from the Indonesian Marine Sponge Acanthostrongylophora ingens.
J Nat Prod 77: 1536-1540, 2014.

13. Saito Y, Komohara Y, Niino D, Horlad H, Ohnishi K, Takeya H, Kawaguchi H, Shimizu H, Ohshima K, Takeya M.
Role of CD204-positive tumor associated macrophages in adult T-cell leukemia/lymphoma.
J Clin Exp Hematop 54: 59-65, 2014.

14. Furusato A, Kato H, Nehira T, Eguchi K, Kawabata T, Fujiwara Y, Losung F, Mangindaan RE, de Voogd NJ, Takeya M, Yokosawa H, Tsukamoto S.
Acanthomanzamines A-E with New Manzamine Frameworks from the Marine Sponge Acanthostrongylophora ingens.
Org Lett 16: 3888-3891, 2014.

15. Ono M, Yasuda S, Komatsu H, Fujiwara Y, Takeya M, Nohara T.
Triterpenoids from the fruits and leaves of the blackberry (Rubus allegheniensis) and their inhibitory activities on foam cell formation in human monocyte-derived macrophage.
Nat Prod Res 28: 2347-2350, 2014.

16. Kobayashi D, Hirayama M, Komohara Y, Mizuguchi S, Wilson Morifuji M, Ihn H, Takeya M, Kuramochi A, Araki N.
Translationally Controlled Tumor Protein is a Novel Biological Target for Neurofibromatosis Type 1 (NF1)-associated Tumors.
J Biol Chem 289: 26314-26326, 2014.

17. Nagai R, Shirakawa J, Fujiwara Y, Ohno R, Moroishi N, Sakata N, Nagai M.
Detection of AGEs as markers for carbohydrate metabolism and protein denaturation.
J Clin Biochem Nutr 55: 1-6, 2014.

18. Yamashita S, Sakashita N, Yamashita T, Tawara N, Tasaki M, Kawakami K, Komohara Y, Fujiwara Y, Kamikawa M, Nakagawa T, Hirano T, Maeda Y, Hasegawa M, Takeya M, Ando Y.
Concomitant accumulation of α-synuclein and TDP-43 in a patient with corticobasal degeneration.
J Neurol 261: 2209-2217, 2014.

19. Kamikawa M, Lei X, Fujiwara Y, Nishitsuji K, Mizuta H, Takeya M, Sakashita N.
ACAT1-associated Late Endosomes/Lysosomes Significantly Improve Impaired Intracellular Cholesterol Metabolism and the Survival of Niemann-Pick Type C Mice.
Acta Histochem Cytochem 47: 35-43, 2014.

20. Nohara T, Fujiwara Y, Kudo R, Yamaguchi K, Ikeda T, Murakami K, Ono M, Kajimoto T, Takeya M.
Isolation and Characterization of New Onionins A2 and A3 from Allium cepa, and of Onionins A1, A2, and A3 from Allium fistulosum.
Chem Pharm Bull (Tokyo) 62: 1141-1145, 2014.

21. 菰原義弘、竹屋元裕.
がん間質におけるマクロファージ:腫瘍随伴マクロファージ(TAM)の役割とそのマーカー.
病理と臨床 32: 17-23, 2014.

22. 菰原義弘、新野大介、大島孝一、竹屋元裕.
ATLLにおけるCD163陽性マクロファージの重要性 (The clinical significance of CD163-positive tumor associated macrophages in ATLL).
血液内科 68: 36-40, 2014.

23. 藤原章雄、池田剛、竹屋元裕、菰原義弘.
リンゴやバナバ葉に含まれるコロソリン酸(Corosolic acid)の新規機能性:マクロファージ活性化制御作用による癌予防効果と癌治療への応用の可能性.
New Food Industry 56:13-19, 2014.

24. 菰原義弘、竹屋元裕.
癌病巣におけるマクロファージの多様性と役割.
血管医学 15(2): 45-51, 2014.

25. 伊藤史子、菰原義弘、高石清美、本田律生、田代浩徳、竹屋元裕、片渕秀隆.
子宮内膜症の発生・進展における腹腔M2マクロファージと子宮内膜間質細胞の細胞間相互作用.
Reproductive Immunology and Biology 29: 24-31, 2014.

26. 入來豊久、千場博、森川慶、平山正剛、藤井慎嗣.
ゲフィチニブからエルロチニブへの翌日からの切り替えにより全例で脳転移が改善した肺腺癌5例に関する検討.
日本胸部臨床 73: 849-859, 2014.

ページのトップへ


1. Yoshihiro Komohara, Daisuke Niino, Koichi Ohshima, Motohiro Takeya.
Clinical significance of CD163+ tumor-associated macrophages in patients with adult T-cell leukemia/lymphoma.
The 12th Japanese-Korean Lymphoreticular Workshop 2014, January 24-26, 2014 (Nagoya, Japan)

2. Yukio Fujiwara, Yoshihiro Komohara, Hasita Horlad, Daisuke Shiraishi, Toshihiro Nohara, Motohiro Takeya.
Enhancement of antitumor immunity by ONA, a natural compound: regulation of macrophage activation and suppression of tumor development in mouse tumor model.
The 12th Japanese-Korean Lymphoreticular Workshop 2014, January 24-26, 2014 (Nagoya, Japan)

3. Takanobu Motoshima, Yoshihiro Komohara, Horlad Hasita, Yoshiaki Kawano, Motohiro Takeya, Masatoshi Eto.
Enhanced anti-tumor effects of anti-CTLA-4 antibody and anti-PD-1 antibody to kidney cancer model in mice.
29th Annual EAU Congress, 11-15 April, 2014 (Stockholmsmässan, Stockholm, Sweden)

4. Takanobu Motoshima, Yoshihiro Komohara, Horlad Hasita, Yoshiaki Kawano, Motohiro Takeya, Masatoshi Eto.
Enhanced anti-tumor effects of anti-CTLA-4 antibody and anti-PD-1 antibody to kidney cancer model in mice.
AUA 2014 Annual Meeting, May 16 - 21, 2014 (Orange County Convention Center, Orlando, USA)

5. Koji Ohnishi, Yoichi Saito, Yoshihiro Komohara, Yuji Miyamoto, Satoshi Fukushima, Munekage Yamaguchi, Hideo Baba, Hironobu Ihn, Hidetaka Katabuchi, Motohiro Takeya.
Clinical significance of CD169-positive lymph node macrophages in human malignant tumors.
2014 ASCO Annual Meeting, May 30-June 3, 2014 (McCormick Place Chicago, Illinois, USA)

6. Motohiro Takeya.
Significance of Macrophage Infiltration in Human Malignancies.
The 22ndInternational Symposium on Molecular Cell Biology of Macrophages, June 2-3, 2014 (Kobe Chamber of Commerce and Industry, Kobe, Japan)

7. Yukio Fujiwara, Koji Ohnishi, Yoich Saito, Daisuke Shiraishi, Motohiro Takeya, Yoshihiro Komohara.
CD163 impair the excessive inflammatory responses in murine model of endotoxin shock.
The 22ndInternational Symposium on Molecular Cell Biology of Macrophages, June 2-3, 2014 (Kobe Chamber of Commerce and Industry, Kobe, Japan)

8. Koji Ohnishi, Yoshihiro Komohara, Yoichi Saito, Motohiro Takeya.
CD169-positive macrophages in regional lymph nodes involved in the tumor immunity and prognosis in patients with colorectal cancer, melanoma and endometrial cancer.
The 22ndInternational Symposium on Molecular Cell Biology of Macrophages, June 2-3, 2014 (Kobe Chamber of Commerce and Industry, Kobe, Japan)

9. Takanobu Motoshima, Yoshihiro Komohara, Horlad Hasita, Yoshiaki Kawano, Motohiro Takeya, Masatoshi Eto.
Enhanced anti-tumor effects of anti-CTLA-4 antibody and anti-PD-1 antibody to kidney cancer model in mice.
The 31st Japan-Korea Urological Congress, Sep 27-28, 2014 (Roppongi Academy Hills 49, Tokyo, Japan)

10. 元島崇信、菰原義弘、哈斯塔、河野吉昭、竹屋元裕、江藤正俊.
マウス腎癌モデルにおける抗CTLA-4抗体と抗PD-1抗体の併用療法による抗腫瘍効果についての検討
.
第23回 泌尿器科分子・細胞研究会 平成26年3月14-15日(山形、ホテルメトロポリタン山形)

11. 中川雄伸.
研究用組織標本作製についての当研究室の取り組み
.
九州地区総合技術研究会 in 長崎大学 平成26年3月19-20日(長崎、長崎大学)

12. 藤原章雄、菰原義弘、野原稔弘、竹屋元裕.
低分子化合物 ONA のマクロファージ活性化制御を介した抗腫瘍作用.
日本薬学会 第134年会 平成26年3月27
-30日(熊本)

13. 江口啓介藤原章雄川畑哲郎加藤光竹屋元裕塚本佐知子.
マクロファージ泡沫化阻害活性を示すbastadin誘導体の構造と活性について.
日本薬学会 第134年会 平成26年3月27
-30日(熊本)

14. 竹屋元裕.
マクロファージの活性化と病態.
宿題報告
第103回 日本病理学会総会 平成26年4月24-26日(広島、広島国際会議場)

15. 菰原義弘、新野大介、大西紘二、大島孝一、竹屋元裕.
成人T細胞白血病/リンパ腫におけるCD163陽性マクロファージの重要性.
第103回 日本病理学会総会 平成26年4月24-26日(広島、広島国際会議場)

16. 藤原章雄、菰原義弘、池田剛、野原稔弘、竹屋元裕.
マクロファージの活性化を制御する低分子化合物ONAの抗腫瘍薬としての可能性.
第103回 日本病理学会総会 平成26年4月24-26日(広島、広島国際会議場)

17. 大西紘二、菰原義弘、西東洋一、竹屋元裕.
大腸癌患者における予後予測因子としてのCD169陽性リンパ節マクロファージの重要性.
第103回 日本病理学会総会 平成26年4月24-26日(広島、広島国際会議場)

18. 上川将史、菰原義弘、岡部英俊、竹屋元裕.
未分化肉腫(悪性線維性組織球腫)における腫瘍関連マクロファージの役割.
第103回 日本病理学会総会 平成26年4月24-26日(広島、広島国際会議場)

19. 白石大偉輔、藤原章雄、Horlad Hasita、菰原義弘、大西紘二、水田博志、竹屋元裕.
線維肉腫MCA205移植モデルマウスを用いた腫瘍増殖におけるマクロファージヘモグロビンスカベンジャー受容体(CD163)の機能解析.
第103回 日本病理学会総会 平成26年4月24-26日(広島、広島国際会議場)

20. 西東洋一、大西紘二、菰原義弘、竹屋元裕.
悪性黒色腫における所属リンパ節内CD169陽性マクロファージ数は生命予後と相関する.
第103回 日本病理学会総会 平成26年4月24-26日(広島、広島国際会議場)

21. 中尾純子、藤原章雄、菰原義弘、片渕秀隆、竹屋元裕.
Onionin Aの卵巣癌細胞における細胞増殖とSTAT3の活性化に対する作用の検討.
第103回 日本病理学会総会 平成26年4月24-26日(広島、広島国際会議場)

22. 下地徹、朔太樹、桑原奈歩、作村恭央、松石梢、山田壮亮、菰原義弘、竹屋元裕.(学生ポスター)
淡明細胞型腎細胞癌における腫瘍随伴マクロファージと癌幹細胞の関連性.
第103回 日本病理学会総会 平成26年4月24-26日(広島、広島国際会議場)

23. 塩見祐子、安里嗣晴、本田由美、猪山賢一.
準広汎子宮全摘術を契機に診断に至った子宮体部類内膜腺癌とPEComaを合併した一例.
第103回 日本病理学会総会 平成26年4月24-26日(広島、広島国際会議場)

24. 末永元輝池田徳典千住覚菰原義弘小川千穂荻泰裕田崎雅義三隅洋平植田光晴西村泰治竹屋元裕安東由喜雄.
ヒトiPS細胞由来マクロファージを用いたFAPの新規治療法開発に向けた検討.
第55回 日本神経学会学術大会 平成26年5月21-24日(福岡、福岡国際会議場)

25. 山下賢、坂下直実、山下太郎、植田明彦、田崎雅義、川上賢祐、菰原義弘、藤原章雄、上川将史、中川雄伸、前田寧、長谷川成人、竹屋元裕、安東由喜雄.
診断から18年間経過観察しえた大脳皮質基底核変性症の剖検例 -αシヌクレインとTDP-43、タウ蛋白の局在について-.
第55回 日本神経病理学会総会、平成26年6月6日(東京、学術総合センター)

26. 藤原章雄、菰原義弘、竹屋元裕.
マクロファージの活性化を制御する硫黄含有化合物の抗腫瘍薬としての可能性.
第54回 日本リンパ網内系学会総会 平成26年6月19-21日(山形、山形国際ホテル)

27. 西東洋一、大西紘二、菰原義弘、竹屋元裕.
悪性黒色腫における所属リンパ節のマクロファージ亜群と予後との関連−CD169の予後予測マーカーとしての有用性.
優秀演題講演日本リンパ網内系学会奨励賞受賞
第54回 日本リンパ網内系学会総会 平成26年6月19-21日(山形、山形国際ホテル)

28. 蓮井和久賈心善竹屋元裕青笹克之永井拓金蔵拓郎出雲周二河野嘉文松山隆美田代幸恵佐藤榮一.
鼻リンパ腫におけるマクロファージと樹状細胞の免疫組織化学的検討:マクロファージと樹状細胞はリンパ腫亜型で特徴的な細胞性微小環境を構成している.
第54回 日本リンパ網内系学会総会 平成26年6月19-21日(山形、山形国際ホテル)

29. 菰原義弘.
ヒト固形癌におけるマクロファージの役割と標的細胞としての可能性.
招待講演
第24回 日本樹状細胞研究会 平成26年6月20日(山形、山形国際ホテル)

30. 西東洋一、大西紘二、菰原義弘、竹屋元裕.

悪性黒色腫における所属リンパ節内CD169陽性マクロファージ数は生命予後と相関する.
日本樹状細胞研究会奨励賞受賞
第24回 日本樹状細胞研究会 平成26年6月20日(山形、山形国際ホテル)

31. 菰原義弘.
がんにおけるマクロファージの重要性.
第1回 拠点形成研究A発表会 平成26年6月30日(熊本、熊本大学医学部山崎記念館)

32. 菰原義弘.
マクロファージの活性化を制御する硫黄含有化合物の抗腫瘍薬としての可能性.
第1回 拠点形成研究A発表会 平成26年6月30日(熊本、熊本大学医学部山崎記念館)

33. 大西紘二.
悪性腫瘍におけるCD169陽性リンパ節マクロファージの重要性.
第1回 拠点形成研究A発表会 平成26年6月30日(熊本、熊本大学医学部山崎記念館)

34. 元島崇信.
腎癌マウスモデルにおけるSorafenibと抗CTLA-4抗体併用による治療効果の検討.
第1回 拠点形成研究A発表会 平成26年6月30日(熊本、熊本大学医学部山崎記念館)

35. 中尾純子.
OnioninAの卵巣癌細胞における細胞増殖とSTAT3の活性化に対する作用の検討.
第1回 拠点形成研究A発表会 平成26年6月30日(熊本、熊本大学医学部山崎記念館)

36. 井上和彦、嵜山敏男、大野香苗、岩下祐司、齊藤誠哉、岡村茂樹、花田法久、菰原義弘、井戸章雄.
空腸憩室出血に対して内視鏡的止血術・腹腔鏡補助下小腸部分切除術を施行した1例.
第103回日本消化器病学会九州支部例会/第97回日本消化器内視鏡学会九州支部例会
 平成26年7月4
-5日(福岡、アクロス福岡)

37. 入來豊久、千場博、右山洋平、津村真介、藤井慎嗣、柏原光介.
肺癌確定診断のための経皮的肺穿刺診による脳卒中発作例の臨床的検討.
第19回 九州肺癌カンファレンス 平成26年7月12日(福岡、アクロス福岡)

38. 元島崇信、菰原義弘、哈斯塔、河野吉昭、竹屋元裕、江藤正俊.
マウス腎癌モデルにおける抗CTLA-4抗体と抗PD-1抗体の併用療法による抗腫瘍効果についての検討.
第45回 腎癌研究会 平成26年7月20日(東京、品川インターシティーホテル)

39. 菰原義弘、大西紘二、西東洋一、竹屋元裕.
子宮体癌患者における予後予測因子としてのCD169陽性リンパ節マクロファージの重要性.
第18回 日本がん免疫学会総会 平成26年7月30日-8月1日(松山、びめぎんホール)

40. 西東洋一、大西紘二、菰原義弘、竹屋元裕.
悪性黒色腫における所属リンパ節内CD169陽性マクロファージ数は生命予後と相関する.
第18回 日本がん免疫学会総会 平成26年7月30日-8月1日(松山、びめぎんホール)

41. 藤原章雄、大西紘二、西東洋一、菰原義弘、竹屋元裕.
LPS誘導性炎症に対するヘモグロビンスカベンジャー受容体(CD163)の抑制作用について.
第67回 日本酸化ストレス学会学術集会 平成26年9月4
-5日(京都、同志社大学)

42. 中川雄伸、林田唯、大西紘二、竹屋元裕.
CD204、Ki-67、pStat3の抗原性保持に有用な未染色パラフィン切片の長期保存法の検討.
平成26年度 北海道大学総合技術研究会 平成26年9月4
-5日(札幌、北海道大学)

43. Yukio Fujiwara, Kotaro Murakami, Tsuyoshi Ikeda, Masateru Ono, Motohiro Takeya, Toshihiro Nohara.
Antitumor Allium Sulfides.
The 8th JSP-CCTCNM-KSP Joint Symposium on Pharmacognosy 平成26年9月12
-13日(福岡、福岡大学)

44. 高本はるか江口啓介藤原章雄川畑哲郎加藤光竹屋元裕塚本佐知子.
マクロファージ泡沫化阻害作用を示す白菜成分に関する研究.
日本生薬学会 第61回年会  平成26年9月12
-13日(福岡、福岡大学)

45. 野原稔弘藤原章雄工藤梨乃村上光太郎池田剛小野政輝竹屋元裕.
Allium Sulfides(27)タマネギ,およびネギからのOnionin A<sub>1</sub>,A<sub>2</sub>,A<sub>3</sub>の単離と抗腫瘍作用.
日本生薬学会 第61回年会  平成26年9月12
-13日(福岡、福岡大学)

46. 菰原義弘、Horlad Hasita, 地主将久,松岡雅雄、新野大介、大島孝一、竹屋元裕.
成人T細胞白血病/リンパ腫(ATLL)におけるTim-3発現は化学療法への耐性に関与する.
Tim-3 expression in lymphoma cells is involved in chemo-resistance in patients with adult T-cell leukemia/lymphoma (ATLL).
第73回 日本癌学会学術総会 平成26年9月25
-27日(横浜、パシフィコ横浜)

47. Yukio Fujiwara, Daisuke Shiraishi, Hasita Horlad, Yoichi Saito, Motohiro Takeya, Yoshihiro Komohara.
CD163 is correlated with tumor proliferation in MCA205 sarcoma bearing mice.
第73回 日本癌学会学術総会 平成26年9月25
-27日(横浜、パシフィコ横浜)

48. 元島崇信、菰原義弘、哈斯塔、河野吉昭、竹屋元裕、江藤正俊.
マウス腎癌モデルにおける抗CTLA-4抗体と抗PD-1抗体の併用療法による抗腫瘍効果についての検討.
Enhanced anti-tumor effects of anti-CTLA-4 antibody and anti-PD-1 antibody to kidney cancer model in mice.
第73回 日本癌学会学術総会 平成26年9月25
-27日(横浜、パシフィコ横浜)

49. 野口紘嗣、山田壮亮、鍋島篤典、北田昇平、田崎貴嗣、王克鏞、Hoflad Hasita、菰原義弘、一條秀憲、笹栗靖之、中山敏幸.
ASK1欠損は胆管結紮による肝壊死—炎症および胆管周囲線維化を抑制する.
第32回 産業医科大学学会総会 平成26年10月4日(北九州、産業医科大学)

50. 白石大偉輔藤原章雄HASITA Horlad菰原義弘大西紘二竹屋元裕水田博志.
線維肉腫MCA205移植モデルを用いた腫瘍増殖に対するヘモグロビンスカベンジャー受容体(CD163)の機能解析.
第29回 日本整形外科学会基礎学術総会 平成26年10月9
-10日(鹿児島、城山観光ホテル)

51. 上川将史菰原義弘岡部英俊竹屋元裕水田博志.
未分化多形肉腫(悪性線維性組織球腫)の増大に腫瘍関連マクロファージが関与する.
第29回 日本整形外科学会基礎学術総会 平成26年10月9
-10日(鹿児島、城山観光ホテル)

52. 藤原章雄、大西紘二、西東洋一、菰原義弘、竹屋元裕.
ヘモグロビンスカベンジャー受容体(CD163)は炎症を抑制することで敗血症マウスの生存率を改善する.
第87回 日本生化学会大会 平成26年10月15
-18日(京都、国立京都国際会館)

53. 西東洋一、大西紘二、宮下梓、中原智史、藤原章雄、福島聡、神人正寿、尹浩信、竹屋元裕、菰原義弘.
悪性黒色腫における所属リンパ節内CD169陽性マクロファージ数は生命予後と相関する.
第87回 日本生化学会大会 平成26年10月15
-18日(京都、国立京都国際会館)

54. 藤原章雄、菰原義弘野原稔弘竹屋元裕.
ミエロイド細胞の制御を介したOnionin A の抗腫瘍薬としての可能性. 
生薬天然物部会奨励研究賞受賞講演
第20回 天然薬物の開発と応用シンポジウム 平成26年11月5
-6日(東京、東京大学弥生キャンパス)

55. 野原稔弘、藤原章雄、周建融、木村善行、池田剛、小野政輝.
トマトサポニンの薬理作用抗動脈硬化, 抗アトピー性様皮膚炎, ならびに抗腫瘍作用について.

第20回 天然薬物の開発と応用シンポジウム 平成26年11月5
-6日(東京、東京大学弥生キャンパス)

56. Takanobu Motoshima, Yoshihiro Komohara, Horlad Hasita, Yoshiaki Kawano, Motohiro Takeya, Masatoshi Eto.
Sorafenib enhances the anti-tumor effect of anti-CTLA-4 antibody to kidney cancer.
第66回 西日本泌尿器科学会総会 平成26年11月6
-8日(倉敷、倉敷市芸文館、倉敷アイビースクエア)
ヤングウロロジストリサーチコンテスト

57. 三島世奈、寺田夕希、守口文花、藤原章雄、池田剛、竹屋元裕.
コラーゲンの AGEs 化を阻害する生薬に含まれる化合物の探索とその皮膚老化改善作用の検討.
第24回 日本メイラード学会年会、平成26年11月7
-8日(熊本、熊本市国際交流会館)

58. 中西義孝中島雄太藤原章雄近浦裕斗西真生桑畑佳月大西絋二菰原義弘竹屋元裕.
生体反応を抑制できる人工関節摺動面の加工法.
第35回 バイオメカニズム学術講演会 平成26年11月8
-9日(岡山、岡山大学)

59. 西真生、桑畑佳月、近浦裕斗、中島雄太、藤原章雄、日垣秀彦、三浦裕正、岩本幸英、竹屋元裕、中西義孝.
Co-Cr-Mo 合金への表面テクスチャリングが超高分子量ポリエチレンの摩耗粉とサイトカインの反応性に与える影響.
第41回 日本臨床バイオメカニクス学会 平成26年11月21
-22日(奈良、奈良県新公会堂)

60. 中尾純子藤原章雄高石清美菰原義弘田代浩徳竹屋元裕片渕秀隆.
卵巣癌細胞におけるOnionin Aの細胞増殖とSTAT3の活性化に対する作用.
第29回 日本生殖免疫学会総会  平成26年12月11
-13日(東京、東京大学伊藤国際学術研究センター)

61. 伊藤史子菰原義弘高石清美本田律生田代浩徳竹屋元裕片渕秀隆.
子宮内膜症の発生・進展における腹腔M2マクロファージと子宮内膜間質細胞の細胞間相互作用.
第29回 日本生殖免疫学会総会  平成26年12月11
-13日(東京、東京大学伊藤国際学術研究センター)

62. 山口宗影大西紘二菰原義弘齋藤文誉チメデュラム エルデネバートル藤本広一田代浩徳竹屋元裕片渕秀隆.
子宮内膜癌において所属リンパ節内のCD169陽性マクロファージ数は予後を反映する.
第29回 日本生殖免疫学会総会  平成26年12月11
-13日(東京、東京大学伊藤国際学術研究センター)

63. 藤原章雄.
マクロファージにおけるCD163の発現を抑制する化合物のスクリーニングとその応用.
生薬若手懇話会 第13回勉強会 平成26年12月27日(京都、京都大学)

2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017
 
2018 2019 2020 2021