1. Komohara Y, Ohnishi K, Takeya M.
Possible functions of CD169-positive sinus macrophages in lymph nodes in anti-tumor immune responses.
Cancer Sci 108: 290-295, 2017.

2. Sakisaka M, Haruta M, Komohara Y, Umemoto S, Matsumura K, Ikeda T, Takeya M, Inomata Y, Nishimura Y, Senju S.
Therapy of primary and metastatic liver cancer by human iPS cell-derived myeloid cells producing interferon-β.
J Hepatobiliary Pancreat Sci 24: 109-119, 2017.

3.Ono M, Fujiwara Y, Ikeda T, Pan C, El-Aasr M, Lee JH, Nakano D, Kinjo J, Nohara T.
Atypical Cyclic Sulfides, Garlicnins G, I, and J, Extracted from Allium sativum.
Chem Pharm Bull (Tokyo) 65: 102-106, 2017.

4. Motoshima T, Komohara Y, Ma C, Dewi AK, Noguchi H, Yamada S, Nakayama T, Kitada S, Kawano Y, Takahashi W, Sugimoto M, Takeya M, Fujimoto N, Oda Y, Eto M.
PD-L1 expression in papillary renal cell carcinoma.
BMC Urol 17: 8, 2017.

5. Nohara T, Fujiwara Y, El-Aasr M, Ikeda T, Ono M, Nakano D, Kinjo J.
Antitumor Allium Sulfides.
Chem Pharm Bull (Tokyo) 65: 209-217, 2017.

6. Chikamoto A, Inoue R, Komohara Y, Sakamaki K, Hashimoto D, Shiraishi S, Takamori H, Yamashita YI, Yoshida N, Yamanaka T, Yamashita Y, Baba H.
Preoperative High Maximum Standardized Uptake Value in Association with Glucose Transporter 1 Predicts Poor Prognosis in Pancreatic Cancer.
Ann Surg Oncol 24: 2040-2047, 2017.

7. Komohara Y, Fujiwara Y, Ohnishi K, Horlad H, Saito Y, Takeya M.
Recent advances in research regarding to natural compounds that target pro-tumor macrophages.
Macrophage 4, 2017.

8. Iriki T, Ohnishi K, Fujiwara Y, Horlad H, Saito Y, Pan C, Ikeda K, Mori T, Suzuki M, Ichiyasu H, Kohrogi H, Takeya M, Komohara Y.
The cell-cell interaction between tumor-associated macrophages and small cell lung cancer cells is involved in tumor progression via STAT3 activation.
Lung Cancer 106: 22-32, 2017.

9. Nishimura N, Endo S, Ueno S, Ueno N, Tatetsu H, Hirata S, Hata H, Komohara Y, Takeya M, Mitsuya H, Okuno Y.
A xenograft model reveals that PU.1 functions as a tumor suppressor for multiple myeloma in vivo.
Biochem Biophys Res Commun 486: 916-922, 2017.

10. Komohara Y, Ma, C, Yano H, Pan C, Horlad H, Saito Y, Ohnishi K, Fujiwara Y, Okuno Y, Nosaka K, Shinosaki S, Morishita K, Matsuoka M, Wakayama T, Takeya M.
Cell adhesion molecule-1 (CADM1) expressed on adult T-cell leukemia/lymphoma cells is not involved in the interaction with macrophages.
J Clin Exp Hematop 57: 15-20, 2017.

11. Ma C, Horlad H, Pan C, Yano H, Ohnishi K, Fujiwara Y, Matsuoka M, Lee A, Niidome T, Yamanaka R, Takeya M, Komohara Y.
Stat3 inhibitor abrogates the expression of PD-1 ligands on lymphoma cell lines.
J Clin Exp Hematop 57: 21-25, 2017.

12. Miyasato Y, Shiota T, Ohnishi K, Pan C, Yano H, Horlad H, Yamamoto Y, Yamamoto-Ibusuki M, Iwase H, Takeya M, Komohara Y.
The high density of CD204-positive macrophages predicts worse clinical prognosis in patients with breast cancer.
Cancer Sci 108: 1693-1700, 2017.

13. Yano H, Motoshima T, Ma C, Pan C, Yamada S, Nakayama T, Kitada S, Fujimoto N, Kamba T, Takeya M, Komohara Y.
The significance of TIMD4 expression in clear cell renal cell carcinoma.
Med Mol Morphol 50: 220-226, 2017.

14. Nakagawa T, Ohnishi K, Kosaki Y, Saito Y, Horlad H, Fujiwara Y, Takeya M, Komohara Y.
Optimum immunohistochemical procedures for analysis of macrophages in human and mouse formalin fixed paraffin-embedded tissue samples.
J Clin Exp Hematop 57: 31-36, 2017.

15. Iida Y, Harashima N, Motoshima T, Komohara Y, Eto M, Harada M.
Contrasting effects of cyclophosphamide on anti-CTLA-4 blockade therapy in two mouse tumor models.
Cance Sci 108: 1974-1984, 2017.

16. Komohara Y, Kawauchi R, Makiyama E, Mikami K, Horlad H, Fujiwara Y, Kida T, Takeya M, Niidome T.
Selective depletion of cultured macrophages by magnetite nanoparticles modified with gelatin.
Exp Ther Med 14:1640-1646, 2017.

17. Hayano A, Komohara Y, Takashima Y, Takeya H, Homma J, Fukai J, Iwadate Y, Kajiwara K, Ishizawa S, Hondoh H, Yamanaka R.
Programmed Cell Death Ligand 1 Expression in Primary Central Nervous System Lymphomas: A Clinicopathological Study.
Anticancer Res 37: 5655-5666, 2017.

18. Fukuda N, Noi K, Weng L, Kobashigawa Y, Miyazaki H, Wakeyama Y, Takaki M, Nakahara Y, Tatsuno Y, Uchida-Kamekura M, Suwa Y, Sato T, Ichikawa-Tomikawa N, Nomizu M, Fujiwara Y, Ohsaka F, Saitoh T, Maenaka K, Kumeta H, Shinya S, Kojima C, Ogura T, Morioka H.
Production of Single-Chain Fv Antibodies Specific for GA-Pyridine, an Advanced Glycation End-Product (AGE), with Reduced Inter-Domain Motion.
Molecules 22: E1695, 2017.

19. Hasegawa Y, Hayashi K, Takemoto Y, Cheng C, Takane K, Lin B, Komohara Y, Kim-Mitsuyama S.
DPP-4 inhibition with linagliptin ameliorates the progression of premature aging in klotho-/- mice.
Cardiovasc Diabetol 16: 154, 2017.

20. Itoh M, Suganami T, Kato H, Kanai S, Shirakawa I, Sakai T, Goto T, Asakawa M, Hidaka I, Sakugawa H, Ohnishi K, Komohara Y, Asano K, Sakaida I, Tanaka M, Ogawa Y.
CD11c+ resident macrophages drive hepatocyte death-triggered liver fibrosis in a murine model of nonalcoholic steatohepatitis.
JCI Insight 2: e92902, 2017.

21. 菰原義弘.
【がん免疫療法の最新動向-免疫チェックポイント阻害剤の将来展望】 Key words TAM、MDSC
カレントテラピー 35(2): 182-182, 2017.

22. 塩田拓也、大西紘二、菰原義弘、竹屋元裕、村山寿彦.
潰瘍性大腸炎に合併した巨細胞性心筋炎の1剖検例.
診断病理 34: 125-129, 2017.

23. 菰原義弘、藤原章雄.
コレステロール代謝経路攪乱による新しい白血病・リンパ腫治療.
メディカル・サイエンス・ダイジェスト 43; 378-379, 2017.

24. 菰原義弘.
がん関連マクロファージ制御による新たながん免疫療法の可能性.
次世代がん治療 401-409, 2017.

25. 菰原義弘、藤原章雄.
コレステロール排出経路阻害による新しい白血病・リンパ腫治療.
Bio Clinica 32: 80-81, 2017.

26. 藤原章雄、白石大偉輔、池田剛、竹屋元裕、菰原義弘.
大豆に含まれるトリテルペノイドの新規機能性 : マクロファージ活性化制御を介した抗腫瘍作用.
New food industry 59: 17-22, 2017.

ページのトップへ


1. Yoshihiro Komohara.
The development of macrophage conversion therapy for malignant tumors. (Oral session)
Kumamoto University Advance Research Project A "International Research Center for Cancer and Metabolism" International Symposium, February 11, 2017 (Kumamoto University, Kumamoto, Japan)

2. Yukio Fujiwara.
Inhibitory effect on lymphoma cell proliferation by regulating cholesterol. (Poster session)
Kumamoto University Advance Research Project A "International Research Center for Cancer and Metabolism" International Symposium, February 11, 2017 (Kumamoto University, Kumamoto, Japan)

3. Koji Ohnishi.
Investigation of new serum biomarkers released by lymph node macrophages for assessment of anti-tumor immunity in patients with colorectal cancer. (Poster session)
Kumamoto University Advance Research Project A "International Research Center for Cancer and Metabolism" International Symposium, February 11, 2017 (Kumamoto University, Kumamoto, Japan)

4. Horlad Hasita.
PD-L1/2 expressions in tumor associated macrophages are dependent on IL-27/Stat3 signal. (Poster session)
Kumamoto University Advance Research Project A "International Research Center for Cancer and Metabolism" International Symposium, February 11, 2017 (Kumamoto University, Kumamoto, Japan)

5. Toyohisa Iriki.
The significance of tumor-associated macrophages in small cell lung cancer (SCLC). (Poster session)
Kumamoto University Advance Research Project A "International Research Center for Cancer and Metabolism" International Symposium, February 11, 2017 (Kumamoto University, Kumamoto, Japan)

6. Yoshihiro Komohara. 
招待講演
Multiple functions of macrophages in human diseases.
Kumamoto Symposium on Therapeutic/Diagnosis Techniques and Medical Devices, March 15, 2017 (Kumamoto University, Kumamoto, Japan)

7. Yoshihiro Komohara, Koji Ohnishi, Motohiro Takeya.
Pivotal of lymph node macrophages in the induction of anti-tumor immune response. (Abstract only)
Keystone Symposia, Cancer Immunology and Immunotherapy: Taking a place in mainstream oncology, April 19-23, 2017 (Fairmont Chateau Whistler, Whistler, Canada)

8. Yukio Fujiwara, Junko Tsuboki, Hasita Horlad, Daisuke Shiraishi, Toshihiro Nohara, Yoshihiro Komohara, Motohiro Takeya.
Onionin A, a sulfur-containing compound isolated from onions, impairs tumor progression by inhibiting the protumoral functions of macrophages.
Keystone Symposia, Mononuclear Phagocytes in Health, Immune Defense and Disease (D3), April 30-May 4, 2017 (Hyatt Regency Austin, Austin, Texas, USA)

9. Yoshihiro Komohara, Saito Yoichi, Shiota Takuya, Koji Ohnishi, Motohiro Takeya.
The significance of lymph node macrophages in the induction of anti-cancer immune response.
The 36th Sapporo International Cancer Symposium, June 22-24, 2017 (Royton Sapporo, Sapporo, Japan)

10. Yoshihiro Komohara, Yukio Fujiwara, Koji Ohnishi, Hasita Horlad, Motohiro Takeya.
The protumor functions of CD163 on tumor-associated macrophages.
EACR Conference; Defence is the Best Attack, October 9-11, 2017 (Barcelona, Spain)

11. Motohiro Takeya, Yukio Fujiwara, Hasita Horlad, Yoshihiro Komohara.
Onionin A, a compound isolated from onions, impairs tumor progression and lung metastasis in tumor-bearing mice by suppressing the protumoral functions of myeloid cells.
29th European Congress of Pathology, September 2 – 6, 2017 (Amsterdam RAI, The Netherlands)

12. Yoshihiro Komohara, Yukio Fujiwara, Hasita Horlad, Yoichi Saito, Koji Ohnishi, Motohiro Takeya.
CD163 is involved in the protumour activation of macrophages in human and murine sarcoma.
Cytokine2017, October 29-November2, 2017 (ANA Crowne Plaza Kanazawa, Kanazawa, Japan)

13. Yukio Fujiwara, Chang Pan, Yoshihiro Komohara, Motohiro Takeya.
The effect of AGP on tumor proliferation via macrophage activation.
Cytokine2017, October 29-November2, 2017 (ANA Crowne Plaza Kanazawa, Kanazawa, Japan)

14. 藤原章雄、坪木純子、Horlad Hasita、野原稔弘、池田剛、竹屋元裕、菰原義弘.
タマネギ由来成分Onionin Aはマクロファージの活性化を制御することで腫瘍の進展を抑制する.
日本農芸化学会2017年度大会 平成29年3月17-20日(京都、京都女子大学)

15. 中川雄伸、小崎唯.
組織標本作製技術の維持・向上のための取り組み.
平成28年度 熊本大学総合技術研究会 平成29年3月17日(熊本、熊本大学教育学部)

16. 木庭義和、中川雄伸.
大学院生命科学研究部配属技術系職員における連携活性化の試み.
平成28年度 熊本大学総合技術研究会 平成29年3月17日(熊本、熊本大学教育学部)

17. 菰原義弘、藤原章雄、潘 程、大西紘二、Hasita Horlad、竹屋元裕.
ヒトマクロファージのM1/M2バランスを調節する化合物スクリーニング.
Compound screen targeting M1/M2 balance of human macrophages.
第90回 日本細菌学会総会 平成29年3月19日-21日(仙台、仙台国際センター)

18. 藤原章雄、Hasita HORLAD、潘 程、中川雄伸、林田唯、竹屋元裕、菰原義弘.
高悪性度リンパ腫ではコレステロール代謝経路が新たな治療ターゲットとなりうる.
日本薬学会 第137回年会 平成29年3月24-27日(仙台、仙台国際センター)

19. 潘 程、藤原章雄、入來豊久、西東洋一、中川雄伸、宮川育子、竹屋元裕、菰原義弘.
AGPのマクロファージを介した腫瘍細胞に対する作用について.
日本薬学会 第137回年会 平成29年3月24-27日(仙台、仙台国際センター)

20. 山崎耕喜、中島雄太、藤原章雄、菰原義弘、竹屋元裕、中西義孝.
がん細胞に刺激されたマクロファージのサイトカイン産生.
日本薬学会 第137回年会 平成29年3月24-27日(仙台、仙台国際センター)

21. 菰原義弘、馬超亜、潘 程、Carreras Joaquim、中村直哉、竹屋元裕.
B細胞性リンパ腫におけるIL-34の重要性.
第106回 日本病理学会総会 平成29年4月27-29日(東京、京王プラザホテル)

22. 藤原章雄、潘程、入來豊久、西東洋一、竹屋元裕、菰原義弘.
AGPはマクロファージを介して間接的に腫瘍の活性化に関与する.
第106回 日本病理学会総会 平成29年4月27-29日(東京、京王プラザホテル)

23. 大西紘二、菰原義弘、塩田拓也、西東洋一、竹屋元裕.
リンパ節マクロファージに注目した、大腸癌に対する抗腫瘍免疫能評価のためのバイオマーカーの探索.
第106回 日本病理学会総会 平成29年4月27-29日(東京、京王プラザホテル)

24. 哈斯塔、藤原章雄、新野大輔、菊川吉高、奥野豊、松岡雅夫、竹屋元裕、菰原義弘.
悪性リンパ腫ではコレステロール代謝経路が治療標的になりうる.
第106回 日本病理学会総会 平成29年4月27-29日(東京、京王プラザホテル)

25. 西東洋一、藤原章雄、菰原義弘、竹屋元裕.
マウスにおけるCD163を使ったマクロファージ起源解析の可能性.
第106回 日本病理学会総会 平成29年4月27-29日(東京、京王プラザホテル)

26. 入來豊久、大西紘二、藤原章雄、潘 程、興梠博次、菰原義弘、竹屋元裕.
腫瘍随伴マクロファージにより活性化される小細胞肺癌におけるSTAT3の治療標的としての可能性.
第106回 日本病理学会総会 平成29年4月27-29日(東京、京王プラザホテル)

27. 塩田拓也、大西紘二、長峯理子、福田精二、西東洋一、竹屋元裕、菰原義弘.
膵癌患者におけるCD169陽性リンパ節マクロファージの臨床的意義.
第106回 日本病理学会総会 平成29年4月27-29日(東京、京王プラザホテル)

28. 矢野浩夢、馬超亜、潘 程、元島崇信、Horlad Hasita、大西紘二、藤原章雄、中山敏幸、竹屋元裕、菰原義弘.
腎細胞癌におけるTIMD4発現の意義.
第106回 日本病理学会総会 平成29年4月27-29日(東京、京王プラザホテル)

29. 宮里祐子.
膀胱腫瘍.
第357回 九州・沖縄スライドコンファレンス 平成29年5月13日(福岡、九州大学)

30. 矢野浩夢、大西紘二、中川雄伸、西東洋一、Horlad Hasita、藤原章雄、菰原義弘、竹屋元裕.
腹水中に腫瘍細胞が出現した横行結腸内分泌細胞癌の1剖検例.
第58回 日本臨床細胞学会総会 平成29年5月26-28日(大阪、大阪国際会議場)

31. 藤原章雄、坪木純子、野原稔弘、中川雄伸、菰原義弘、竹屋元裕.
若手優秀発表賞受賞
タマネギ成分のマクロファージ活性化制御を介した抗腫瘍作用と新たな抗ガン剤のリード化合物としての可能性.
日本食品化学学会 第23回総会・学術大会 平成29年6月1-2日 (志摩、伊勢志摩ロイヤルホテル)

32. 菰原義弘、Horlad Hasita、馬超亜、竹屋元裕.
脳原発悪性リンパ腫におけるマクロファージ/ミクログリアの役割.
第58回 日本神経病理学会 平成29年6月1-3日 (東京、学術総合センター、一橋講堂)

33. 藤原章雄、菰原義弘、大西紘二、宮川育子、中川雄伸、竹屋元裕.
炎症性マクロファージの新たなマーカー探索.
第70回 日本酸化ストレス学会学術集会 平成29年6月28-29日 (つくば、つくば国際会議場)

34. 西東洋一、藤原章雄、大西紘二、菰原義弘、竹屋元裕.
INFsによるがんのPD-L1発現多様性とリンパ節洞マクロファージのCD169に着目した抗PD-(L)1抗体薬新規コンパニオン診断の可能性.
第21回 日本がん免疫学会総会 平成29年6月28-30日 (千葉、幕張メッセ国際会議場)

35. 飯田雄一、原嶋奈々江、元島崇信、菰原義弘、江藤正俊、原田守.
抗CTLA-4抗体を処理した異なった腫瘍モデルマウスにおけるシクロホスファミド療法の利点と欠点.
第21回 日本がん免疫学会総会 平成29年6月28-30日 (千葉、幕張メッセ国際会議場)

36. 菰原義弘、馬超亜、潘 程、Carreras Joaquim、中村直哉、竹屋元裕.
B細胞性リンパ腫におけるIL-34の重要性.
第57回 日本リンパ網内系学会 平成29年6月29日-7月1日(東京、京王プラザホテル)

37. 塩田拓也.
脾腫瘤.
第358回 九州・沖縄スライドコンファレンス 平成29年7月8日(福岡、九州大学)

38. 藤原章雄、Hasita Horlad、Pan Cheng、矢野浩夢、宮川育子、中川雄伸、竹屋元裕、菰原義弘.
コレステロール代謝を標的としたガンの新たな治療戦略.
優秀ポスター賞受賞
第5回 がんと代謝研究会 in 札幌 平成29年7月13-14日(札幌、北海道大学医学部学友会館)

39. 西東洋一、藤原章雄、大西紘二、矢野浩夢、菰原義弘.
最適な治療薬へ導く新しいがん診断システムの開発〜より高精度なPD-L1コンパニオン診断を目指して〜.
2017年度 熊本テックグランプリ 平成29年7月22日(熊本、肥後銀行本店大会議室)

40. 大西紘二.
胃腫瘍.
第359回 九州・沖縄スライドコンファレンス 平成29年9月9日(飯塚、飯塚病院)

41. 塩田拓也.
胃病変.
第359回 九州・沖縄スライドコンファレンス 平成29年9月9日(飯塚、飯塚病院)

42. 菰原義弘、馬超亜、Horlad Hasita、大西紘二、竹屋元裕.
淡明型腎細胞癌におけるCD163陽性癌細胞の意義.
第49回 日本臨床分子形態学会 平成29年9月15-16日 (岐阜、じゅうろくプラザ)

43. 菰原義弘、西東洋一、塩田拓也、大西紘二.
がん免疫誘導におけるリンパ節マクロファージの重要性.
The significance of lymph node macrophages in the induction of anti-cancer immune response.
第76回 日本癌学会学術総会 平成29年9月28-30日 (横浜、パシフィコ横浜)

44. 藤原章雄、潘程、入來豊久、西東洋一、竹屋元裕、菰原義弘.
Orosomucoidのマクロファージを介した間接的な腫瘍進展への関与.
第76回 日本癌学会学術総会 平成29年9月28-30日 (横浜、パシフィコ横浜)

45. 早野あづさ、菰原義弘、高島康郎、本間順平、深井順也、岩立康男、梶原浩司、石澤伸、本道洋昭、山中龍也.
脳原発性および転移性脳悪性リンパ腫におけるProgrammed Cell Death Ligand 1発現の検討.
第76回 日本癌学会学術総会 平成29年9月28-30日 (横浜、パシフィコ横浜)

46. 原田守、飯田雄一、原嶋奈々江、元島崇信、菰原義弘、江藤正俊.
異なる担がんマウスにおけるcyclophosphamideと抗CTLA-4療法の対照的な相互作用.
第76回 日本癌学会学術総会 平成29年9月28-30日 (横浜、パシフィコ横浜)

47. 長谷川雄、林建佑、岳元裕臣、曹 成、林博文、高根紘希、菰原義弘、光山勝慶.
グルカゴン様ペプチド-1効果の持続は老化モデルマウスの認知機能障害と全身臓器障害を軽減する.
第60回 日本脳循環代謝学会学術集会 平成29年11月3-4日 (豊中、千里ライフサイエンスセンター)

48. 竹屋元裕.
マクロファージのM1/M2活性化と疾患との関わり.
要望講演
第56回 日本臨床細胞学会秋期大会 平成29年11月18-19日 (福岡、福岡国際会議場)

49. 藤原章雄.
AGEs 研究が現在の研究内容に及ぼした影響.
シンポジウム
第27回 日本メイラード学会学術集会 平成29年11月18日 (坂戸、女子栄養大学)

50. 藤原章雄.
摩耗粉の形態がヒトマクロファージの活性化に与える影響.
シンポジウム
第44回 日本臨床バイオメカニクス学会 平成29年11月24-25日 (松山、松山市総合コミュニティーセンター)

51. 藤原章雄、Horlad Hasita、Pan Cheng、矢野浩夢、西東洋一、宮川育子、中川雄伸、竹屋元裕、菰原義弘.
悪性リンパ腫に対する脂質代謝阻害剤の有用性.
2017年度 生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017) 平成29年12月6-9日 (神戸、ポートアイランド神戸)

52. 宮崎拓郎、礪波一夫、秦 勝志、相内敏弘、大西紘二、雷 小峰、金山朱里、竹屋元裕、板部洋之、反町洋之、栗原裕基、宮崎 章.
カルパインファミリーは動脈硬化病変を制御する.
2017年度 生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017) 平成29年12月6-9日 (神戸、ポートアイランド神戸)

2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017
 
2018 2019 2020 2021