1. Fujiwara Y, Komohara Y, Ikeda T, Takeya M.
Corosolic acid inhibits glioblastoma cell proliferation by suppressing the activation of signal transducer and activator of transcription-3 and nuclear factor-kappa B in tumor cells and tumor-associated macrophages.
Cancer Sci 102: 206-211, 2011.

2. Manabe H, Murakami Y, El-Aasr M, Ikeda T, Fujiwara Y, Ono M, Nohara T.
Content variations of the tomato saponin esculeoside A in various processed tomatoes.
J Nat Med 65: 176-179, 2011.

3. Fujiwara Y, Kiyota N, Tsurushima K, Yoshitomi M, Mera K, Sakashita N, Takeya M, Ikeda T, Araki T, Nohara T, Nagai R.
Natural Compounds Containing a Catechol Group Enhance the Formation of N<epsilon>-(carboxymethyl)lysine of the Maillard Reaction.
Free Radic Biol Med 50: 883-891, 2011.

4. Hashimoto Y, Shuto T, Mizunoe S, Tomita A, Koga T, Sato T, Takeya M, Suico MA, Niibori A, Sugahara T, Shimasaki S, Sugiyama T, Scholte B, Kai H.
CFTR-deficiency renders mice highly susceptible to cutaneous symptoms during mite infestation.
Lab Invest 91: 509-518, 2011.

5. Fujita M, Kohanbash G, Fellows-Mayle W, Hamilton RL, Komohara Y, Decker SA, Ohlfest JR, Okada H.
COX-2 blockade suppresses gliomagenesis by inhibiting myeloid-derived suppressor cells.
Cancer Res 71: 2664-2674, 2011.

6. Sakashita N, Motooka Y, Suganuma M, Ohnishi K, Fujiwara Y, Nakagawa T, Ichiyasu H, Takeya M.
A case of pulmonary capillary hemangiomatosis with pulmonary fibrosis associated with MMP-9 related pulmonary remodeling.
Pathol Int 61: 306-312, 2011.

7. Katsumata A, Kimura M, Saigo H, Aburaya K, Nakano M, Ikeda T, Fujiwara Y, Nagai R.
Changes in Esculeoside A Content in Different Regions of the Tomato Fruit during Maturation and Heat Processing.
J Agric Food Chem 59: 4104-4110, 2011.

8. Fujiwara Y, Hayashida A, Tsurushima K, Nagai R, Yoshitomi M, Daiguji N, Sakashita N, Takeya M, Tsukamoto S, Ikeda T.
Triterpenoids Isolated from Zizyphus jujuba Inhibit Foam Cell Formation in Macrophages.
J Agric Food Chem 59: 4544-4552, 2011.

9. Komohara Y, Hasita H, Ohnishi K, Fujiwara Y, Suzu S, Eto M, Takeya M.
Macrophage infiltration and its prognostic relevance in clear renal cell carcinoma.
Cancer Sci 102: 1424-1431, 2011.

10. Ohnishi K, Komohara Y, Fujiwara Y, Takemura K, Lei X, Nakagawa T, Sakashita N, Takeya M.
Suppression of TLR4-mediated inflammatory response by macrophage class A scavenger receptor (CD204).
Biochem Biophys Res Commun 411: 516-522, 2011.

11. Fujiwara Y, Komohara Y, Kudo R, Tsurushima K, Ohnishi K, Ikeda T, Takeya M.
Oleanolic acid inhibits macrophage differentiation into the M2 phenotype and glioblastoma cell proliferation by suppressing the activation of STAT3.
Oncol Rep 26: 1533-1537, 2011.

12. El-Aasr M, Fujiwara Y, Takeya M, Ono M, Nakano D, Okawa M, Kinjo J, Ikeda T, Miyashita H, Yoshimitsu H, Nohara T.
Garlicnin A from the Fraction Regulating Macrophage Activation of Allium sativum.
Chem Pharm Bull (Tokyo) 59: 1340-1343, 2011.

13. Komohara Y, Horlad H, Ohnishi K, Ohta K, Makino K, Hondo H, Yamanaka R, Kajiwara K, Saito T, Kuratsu J, Takeya M.
M2 macrophage/microglial cells induce activation of Stat3 in primary central nervous system lymphoma.
J Clin Exp Hematop 51: 93-99, 2011.

14. Shimasaki S, Kubota M, Yoshitomi M, Takagi K, Suda K, Mera K, Fujiwara Y, Nagai R.
Nw-(carboxymethyl)arginine Accumulates in Glycated Collagen and Klotho-deficient Mouse Skin.
Anti-Asing Medicine 8: 82-87, 2011.

15. 竹屋元裕.
スカベンジャー受容体と動脈硬化.
The Lipid 22: 188-196, 2011.

16. 神尾多喜浩、菰原義弘、岩谷和法、吉岡正一.
後縦隔に発生した髄外造血巣の1例.
診断病理28: 134-136, 2011.

17. 藤原章雄、菰原義弘、池田剛、竹屋元裕.
マクロファージの活性化制御による生活習慣病治療戦略.
日本体質医学会雑誌 73: 67-71, 2011.

18. 荒木令江、小林大樹、平山未央、尹浩信、竹屋元裕、菰原義弘、倉持朗.
神経皮膚症候群に関する調査研究  融合プロテオミクスによる神経系細胞分化に関わるNF1腫瘍抑制遺伝子関連タンパク質の解析.
神経皮膚症候群に関する調査研究 平成22年度 総括・分担研究報告書:  59-64, 2011.

ページのトップへ


1. Yoshihiro Komohara, Horlad Hasita, Koji Ohnishi, Yukio Fujiwara, Motohiro Takeya.
The significance of anti-inflammatory (M2) macrophages in clear cell renal cell carcinoma.
19th International Synposium on Molecular Cell Biology of Macrophages.
May 25-27, 2011 (Osaka, Japan, ANA Gate Tower Hotel)

2. Yukio Fujiwara, Yoshihiro Komohara, Rino Kudo, Tsuyoshi Ikeda, Toshihiro Nohara, Motohiro Takeya.
Corosolic acid, onionin A and garlicnin A Inhibit Tumor Cells Proliferation by Suppressing the Activation of STAT3 in Tumor Cells and Tumor-associated Macrophages.
第11回 アジア栄養学会議(XI ASIAN CONGRESS OF NUTRITION 2011).
July 13-16, 2011 (Singapore)

3. Megumi Yamamoto, Masanori Sasaki, Motohiro Takeya, Komyo Eto.
Effect of methylmercury on the expression of aquaporin-4 and -11 in the brain of the common marmoset.
The 10th International Conference on Mercury as a Global Pollutant.
July 24-29, 2011 (Canada)

4. 中川雄伸、林田唯、清田恵美.
当研究室での免疫染色抗原賦活化における至適条件検定法.
2010年度 熊本大学総合技術研究会 平成23年3月17-18日(熊本、熊本大学)

5. 中川雄伸、園田佳世子、大津由紀、熊谷芳宏、木庭義和、工藤信次.
熊本大学大学院生命科学研究部の概要と技術職員の業務紹介.
2010年度 熊本大学総合技術研究会 平成23年3月17-18日(熊本、熊本大学)

6. 鈴木将弘、吉冨万希子、藤原章雄、竹屋元裕、永井竜児、塚本佐知子、池田剛.
芍薬に含まれるCMA生成阻害活性成分について.
日本薬学会 第131年会 平成23年3月28-31日(静岡、グランシップ)

7. 坂下直実、本岡大社、菅沼雅人、藤原章雄、中川雄伸、竹屋元裕.
MMP9過剰産生による肺毛細血管基底膜破壊の結果、広範な肺線維症を合併した肺毛細血管腫症の剖検例.
第100回 日本病理学会総会 平成23年4月28-30日(横浜、パシフィコ横浜)

8. 菰原義弘、Horlad Hasita、大西紘二、藤原章雄、竹屋元裕.
グリオーマ細胞とマクロファージの細胞間相互作用には直接接着が必要である.
第100回 日本病理学会総会 平成23年4月28-30日(横浜、パシフィコ横浜)

9. 藤原章雄、工藤梨乃、菰原義弘、野原稔弘、坂下直実、竹屋元裕.
Onionin Aのマクロファージ活性化制御作用.
第100回 日本病理学会総会 平成23年4月28-30日(横浜、パシフィコ横浜)

10. 大西紘二、安里嗣晴、本田由美、竹屋元裕、猪山賢一.
播種性骨髄癌症を呈したHER-2陽性胃癌の1剖検例.
第100回 日本病理学会総会 平成23年4月28-30日(横浜、パシフィコ横浜)

11. 大西紘二、安里嗣晴、本田由美、猪山賢一.
経過中に退縮を示したScrelosing thymomaの1例.
第100回 日本病理学会総会 平成23年4月28-30日(横浜、パシフィコ横浜)

12. 上川将史、坂下直実、雷小峰、竹屋元裕.
ACAT1陽性後期エンドゾームの誘導によりC型Niemann-Pick病細胞のコレステロールエステル化能は正常化する.
第100回 日本病理学会総会 平成23年4月28-30日(横浜、パシフィコ横浜)

13. 菰原義弘、Horlad Hasita、大西紘二、藤原章雄、竹屋元裕.
ヒト腫瘍組織におけるM2マクロファージの役割—Stat3に注目した腫瘍細胞との細胞間相互作用について.
第51回 日本リンパ網内系学会 平成23年7月1-2日(福岡、福岡国際会議場)

14. 藤原章雄、菰原義弘、竹村健一、池田剛、竹屋元裕.
Corosolic acidのマクロファージ活性化制御を介した癌免疫賦活作用.
第51回 日本リンパ網内系学会 平成23年7月1-2日(福岡、福岡国際会議場)

15. 大西紘二、菰原義弘、藤原章雄、竹屋元裕.
CD204(class A scavenger receptor)はTLR 4シグナル伝達経路を阻害して、LPS誘導性の炎症反応を抑制する.
第51回 日本リンパ網内系学会 平成23年7月1-2日(福岡、福岡国際会議場)

16. 蓮井和久、賈心善、竹屋元裕、吉武淳、赤池孝章、青笹克之、田代幸恵、竹内亨、出雲周二、河野嘉文、金蔵拓郎、榮鶴義人、松山隆美、佐藤榮一.
鼻咽頭NK/T 細胞リンパ腫における酸化ストレスの免疫組織化学的検索.
第51回 日本リンパ網内系学会 平成23年7月1-2日(福岡、福岡国際会議場)

17. 新野大介、菰原義弘、竹屋元裕、菊池昌弘、大島孝一.
成人T細胞白血病リンパ腫(ATLL)におけるM2マクロファージの腫瘍内浸潤は予後不良となる.
第4回 HTLV-1研究会 平成23年9月18-19日(東京、東京大学弥生講堂)

18. 藤原章雄、工藤梨乃、菰原義弘、Horlad Hasita、大西紘二、野原稔弘、竹屋元裕.
Onionin Aのマクロファージ活性化制御を介したガン細胞増殖抑制作用.
第84回 日本生化学会大会 平成23年9月21-24日(京都、国立京都国際会館)

19. 藤原章雄、工藤梨乃、菰原義弘、Horlad Hasita、大西紘二、野原稔弘、竹屋元裕.
タマネギ由来新規化合物 onionin A のマクロファージ活性化に対する作用の検討.
日本生薬学会 第58回年会 平成23年9月24-25日(東京、昭和大学)

20. 野原稔弘、眞鍋秀雪、工藤梨乃、藤原章雄、竹屋元裕.
Onion の新規 Sulfoxide について.
日本生薬学会 第58回年会 平成23年9月24-25日(東京、昭和大学)

21. 江口啓介、加藤光、塚本佐知子、藤原章雄、竹屋元裕.
Pachypell 属海綿から得られたマクロファージ泡沫化阻害物質.
日本生薬学会 第58回年会 平成23年9月24-25日(東京、昭和大学)

22. 竹村健一、藤原章雄、菰原義弘、竹屋元裕、水田博志.
天然物corosolic acidによる骨肉腫細胞の腫瘍進展阻害効果.
第26回 日本整形外科学基礎学術集会 平成23年10月20日—21日(前橋、ベイシア文化ホール)

23. 藤原章雄、吉冨万希子、池田剛、永井竜児、竹屋元裕.
CMA生成を阻害する天然化合物の探索.
第21回 日本メイラード学会年会 平成23年10月28日(東京、サピアタワー)

24. 江口啓介、加藤光、塚本佐知子、藤原章雄、竹屋元裕.
マクロファージ泡沫化阻害活性を示すPachypell 属海綿由来のManzamineについて.
第28回 日本薬学会九州支部大会 平成23年12月10-11日(福岡、福岡大学)

25. 林田明倫、藤原章雄、鶴島圭一郎、大宮司典香、池田剛、竹屋元裕、塚本佐知子.
ナツメの泡沫化阻害成分とその作用メカニズムの解明.
第28回 日本薬学会九州支部大会 平成23年12月10-11日(福岡、福岡大学)

2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017
 
2018 2019 2020 2021