1. Morimatsu Y, Sakashita N, Komohara Y, Ohnishi K, Masuda H, Dahan D, Takeya M, Guibert C, Marthan R.
Development and Characterization of an Animal Model of Severe Pulmonary Arterial Hypertension.
J Vasc Res 49: 33-42, 2012.

2. Kobayashi C, Shiina T, Tokioka A, Hattori Y, Komori T, Kobayashi-Miura M, Takizawa T, Takahara K, Inaba K, Inoko H, Takeya M, Dranoff G, Sugita M.
GM-CSF-Independent CD1a Expression in Epidermal Langerhans Cells: Evidence from Human CD1A Genome-Transgenic Mice.
J Invest Dermatol 132: 241-244, 2012.

3. Kawaguchi A, Yajima N, Komohara Y, Aoki H, Tsuchiya N, Homma J, Sano M, Natsumeda M, Uzuka T, Saitoh A, Takahashi H, Sakai Y, Takahashi H, Fujii Y, Kakuma T, Yamanaka R.
Identification and validation of gene expression signature that predicts outcome in malignant glioma patients.
Int J Oncol 40: 721-730, 2012.

4. Matsubara J, Sugamura K, Nakamura T, Fujiwara Y, Akiyama E, Kurokawa H, Nozaki T, Ohba K, Konishi M, Maeda H, Izumiya Y, Kaikita K, Sumida H, Jinnouchi H, Matsui K, Kim-Mitsuyama S, Takeya M, Ogawa H.
Dipeptidyl Peptidase-4 Inhibitor, Des-Fluoro-Sitagliptin, Improves Endothelial Function and Reduces Atherosclerotic Lesion Formation in Apolipoprotein-E Deficient Mice.
J Am Coll Cardiol 59: 265-276, 2012.

5. Fujiwara Y, Kiyota N, Tsurushima K, Yoshitomi M, Horlad H, Ikeda T, Nohara T, Takeya M, Nagai R.
Tomatidine, a Tomato Sapogenol, Ameliorates Hyperlipidemia and Atherosclerosis in ApoE-Deficient Mice by Inhibiting Acyl-CoA:cholesterol Acyl-transferase (ACAT).
J Agric Food Chem 60, 2472-2479, 2012.

6. Khan S, Okamoto T, Enomoto K, Sakashita N, Oyama K, Fujii S, Sawa T, Takeya M, Ogawa H, Yamabe H, Akaike T.
Potential association of Helicobacter cinaedi with atrial arrhythmia and atherosclerosis.
Microbiol Immunol 56: 145-154, 2012.

7. Liu Y, Komohara Y, Domenick N, Ohno M, Ikeura M, Hamilton RL, Horbinski C, Wang X, Ferrone S, Okada H.
Expression of antigen processing and presenting molecules in brain metastasis of breast cancer.
Cancer Immunol Immunother 61: 789-801, 2012.

8. Miyamoto H, Suzuki T, Miyauchi Y, Iwasaki R, Kobayashi T, Sato Y, Miyamoto K, Hoshi H, Hashimoto K, Yoshida S, Hao W, Mori T, Kanagawa H, Katsuyama E, Fujie A, Morioka H, Matsumoto M, Chiba K, Takeya M, Toyama Y, Miyamoto T.
OC-STAMP and DC-STAMP cooperatively modulate cell-cell fusion to form osteoclasts and foreign body giant cells.
J Bone Miner Res 27: 1289-1297, 2012.

9. Nohara T, Kiyota Y, Sakamoto T, Manabe H, Ono M, Ikeda T, Fujiwara Y, Nakano D, Kinjo J.
Garlicnins B1, C1, and D, from the Fraction Regulating Macrophage Activation of Allium sativum.
Chem Pharm Bull (Tokyo) 60: 747-51, 2012.

10. Fang J, Greish K, Qin H, Liao L, Nakamura H, Takeya M, Maeda H.
HSP32 (HO-1) inhibitor, zinc protoporphyrin IX, a water-soluble micelle of copoly(styrene-maleic acid) as anticancer agent: In vitro and in vivo anticancer effect.
Eur J Pharm Biopharm 81: 540-547, 2012.

11. Hayashi H, Eguchi Y, Fukuchi-Nakaishi Y, Takeya M, Nakagata N, Tanaka K, Vance JE, Tanihara H.
A potential neuroprotective role of apolipoprotein E-containing lipoproteins through low density lipoprotein receptor-related protein 1 in normal tension glaucoma.
J Biol Chem 287: 25395-25406, 2012.

12. Yamamoto M, Takeya M, Ikeshima-Kataoka H, Yasui M, Kawasaki Y, Shiraishi M, Majima E, Shiraishi S, Uezono Y, Sasaki M, Eto K.
Increased expression of aquaporin-4 by methylmercury in the brain of Common Marmoset.
J Toxicol Sci 37: 749-763, 2012.

13. Shiraishi D, Fujiwara Y, Komohara Y, Mizuta H, Takeya M.
Gulucagon-like peptide-1(GLP-1) induces M2 polarization of human macrophages via STAT3 activation.
BIochem BIophys Res Commun 425: 304-308, 2012.

14. Lai YL, Aoyama S, Ohata M, Otsuka N, Shiokawa H, Tomono S, Fujiwara Y, Kanazawa H, Miyoshi N, Ohshima H.
Dysregulation of dimethylarginine dimethylaminohydrolase/asymmetric dimethylarginine pathway in rat type II diabetic nephropathy.
J Clin Biochem Nutr 51: 143-149, 2012.

15. Kawaguchi A, Iwadate Y, Komohara Y, Sano M, Kajiwara K, Yajima N, Tsuchiya N, Homma J, Aoki H, Kobayashi T, Sakai Y, Hondoh H, Fujii Y, Kakuma T, Yamanaka R.
Gene Expression Signature-Based Prognostic Risk Score in Primary Central Nervous System Lymphoma Patients.
Clin Cancer Res 18: 5672-5681, 2012.

16. Komohara Y, Hasita H, Ohnishi K, Fujiwara Y, Bai B, Nakagawa T, Suzu S, Nakamura H, Kuratsu J, Takeya M.
Importance of direct macrophage-tumor cell interaction on progression of human glioma.
Cancer Sci 103: 2165-2172, 2012.

17. Ohnishi K, Oghiso Y, Takeya M.
Immunohistochemical Detection of a Possible Cellular Origin of Hepatic Histiocytic Sarcoma in Mice.
J Clin Exp Hematop 52: 171-177, 2012.

18. 竹屋元裕.
ケモカイン CCL2.
臨床免疫・アレルギー科 第57巻 特別増刊号 (Suppl.21): 349-357, 2012.

19. 菰原義弘、竹屋元裕.
がんとマクロファージ: TAMについて.
細胞工学 vol.31 No.11: 1242-1247, 2012.

20. 藤原章雄、菰原義弘、大西紘二、池田剛、竹屋元裕.
大豆含有成分(Soyasaponin類,Soyasapogenol類)のマクロファージ活性化制御作用の検討―新たな生活習慣病治療への応用を目指して.
大豆たん白質研究 33: 170-175, 2012.

ページのトップへ


1. Yoshihiro Komohara, Koji Ohnishi, Motohiro Takeya.
Alternatively activated (M2) macrophages induce activation of Stat3 in primary central nervous system lymphoma.
The 11th Korean-Japanese lymphoreticular workshop, January 27-29, 2012 (Seoul, Korea, Seoul University)

2. Yukio Fujiwara, Yoshihiro Komohara, Horlad Hasita, Koji Ohnishi, Kenichi Takemura, Tsuyoshi Ikeda, Motohiro Takeya.
COROSOLIC ACID SUPPRESSES OSTEOSARCOMA DEVELOPMENT AND LUNG METASTASIS BY TARGETING STAT3 SIGNALING PATHWAY.
The 11th Korean-Japanese lymphoreticular workshop, January 27-29, 2012 (Seoul, Korea, Seoul University)

3. 伊藤史子、菰原義弘、高石清美、本田律生、田代浩徳、竹屋元裕、片渕秀隆.
子宮内膜症の発生・進展における腹腔M2マクロファージと子宮内膜間質細胞の相互作用
.
第33回 日本エンドメトリオーシス学会 平成24年1月21日-22日(長崎、ホテルニュー長崎)

4. 中川雄伸、林田唯、清田恵美.
安価で簡便な免疫染色陽性対照パラフィンブロック作製法の紹介
.
九州地区総合技術研究会 in 鹿児島大学 平成24年3月1日-2日(鹿児島、鹿児島大学)

5. 江口啓介、藤原章雄、加藤光、竹屋元裕、塚本佐知子.
マクロファージ泡沫化阻害活性を示すManzamine誘導体の構造と活性について
.
第132回 日本薬学会年会 平成24年3月28日-31日(札幌、北海道大学)

6. 鈴木将弘、吉冨万希子、藤原章雄、竹屋元裕、永井竜児、塚本佐知子、池田剛.
AGEs生成阻害物質の探索研究:シャクヤクのCMA生成阻害活性成分について(2)
.
第132回 日本薬学会年会 平成24年3月28日-31日(札幌、北海道大学)

7. 竹屋元裕.
病理学入門シリーズ2 炎症・免疫病理学
「マクロファージの活性化と病態 −マクロファージの免疫染色から見えてきたこと−」
第101回 日本病理学会総会 平成24年4月26日-28日(東京、京王プラザホテル)

8. 菰原義弘、伊藤史子、大西紘二、藤原章雄、竹屋元裕.
子宮内膜症の発生・進展における腹腔マクロファージの役割.
第101回 日本病理学会総会 平成24年4月26日-28日(東京、京王プラザホテル)

9. 藤原章雄、Horlad Hasita 、菰原義弘、大西紘二、池田剛、竹屋元裕.
マクロファージの活性化を制御するCorosolic acidの骨肉腫移植モデルマウスにおける効果の検討.
第101回 日本病理学会総会 平成24年4月26日-28日(東京、京王プラザホテル)

10. 上川将史、坂下直実、雷小峰、藤原章雄、竹屋元裕.
ACAT1 陽性後期エンドゾームの誘導によるC 型Niemann-Pick 病細胞におけるコレステロール代謝の改善.
第101回 日本病理学会総会 平成24年4月26日-28日(東京、京王プラザホテル)

11. 白石大偉輔、藤原章雄、菰原義弘、水田博志、竹屋元裕.
GLP-1 のマクロファージ活性化に対する作用の検討.
第101回 日本病理学会総会 平成24年4月26日-28日(東京、京王プラザホテル)

12. 坂下直実、山下太郎、香川聖子、堀口英久、中川雄伸、安藤由喜雄、竹屋元裕.
肝移植後に著明なステロイド関連心筋肥大を呈した家族性アミロイドポリニューロパチーの症例解析.
第101回 日本病理学会総会 平成24年4月26日-28日(東京、京王プラザホテル)

13. 竹屋元裕.
シンポジウムⅥ 「様々な病態レギュレーターとしてのマクロファージ」
オルタナティブ活性化マクロファージのマーカーとその機能.
第52回 日本リンパ網内系学会総会 平成24年6月14日-16日(福島、福島ビューホテル)

14. 菰原義弘.
シンポジウムⅥ 「様々な病態レギュレーターとしてのマクロファージ」
さまざまな悪性腫瘍における腫瘍関連マクロファージの分化・活性化状態と病態への関与.
第52回 日本リンパ網内系学会総会 平成24年6月14日-16日(福島、福島ビューホテル)

15. 藤原章雄、白石大偉輔、Horlad Hasita、菰原義弘、工藤梨乃、野原稔弘、竹屋元裕.
Onionin Aのマクロファージ活性化制御を介した腫瘍免疫賦活作用.
第52回 日本リンパ網内系学会総会 平成24年6月14日-16日(福島、ホテル福島グリーンパレス)

16. 坂下直実、上川将史、雷小峰、菰原義弘、竹屋元裕.
ACAT1 陽性後期エンドゾーム誘導によるC 型Niemann-Pick 病治療戦略.
第52回 日本リンパ網内系学会総会 平成24年6月14日-16日(福島、ホテル福島グリーンパレス)

17. 川口紘矢、清水宏一、竹屋裕斗、菰原義弘、竹屋元裕.
成人T細胞白血病/リンパ腫におけるCD204陽性マクロファージの役割.
第52回 日本リンパ網内系学会総会 平成24年6月14日-16日(福島、福島ビューホテル)

18. 竹屋裕斗、藤原章雄、大西紘二、菰原義弘、竹屋元裕.
マウス肺転移モデルに対するフコイダンの抗腫瘍効果の検討.
第52回 日本リンパ網内系学会総会 平成24年6月14日-16日(福島、福島ビューホテル)

19. 蓮井和久、竹屋元裕.
鼻NK/T細胞リンパ腫に介在する特異なマクロファージはEBV関連扁平上皮癌の発生した鼻咽頭粘膜に観察された.
第52回 日本リンパ網内系学会総会 平成24年6月14日-16日(福島、福島ビューホテル)

20. 大西紘二.
播種性骨髄癌症をきたしたHER2陽性胃癌の一剖検例.
第85回 九州病理集談会 平成24年7月7日(熊本、国立病院機構熊本医療センター)

21. 大西紘二.
脾腫瘍(Histiocytic sarcoma of the spleen).
第328回 九州・沖縄スライドコンファレンス 平成24年7月7日(熊本、国立病院機構熊本医療センター)

22. 小林大樹、平山未央、菰原義弘、水口惣平、ウイルソン-森藤政代、尹浩信、竹屋元裕、倉持朗、荒木令江.
融合プロテオミクスによる新規神経線維腫症1型(NF1)関連因子TCTPの同定と治療標的としての機能解析.
日本プロテオーム学会2012年大会 平成24年7月26日-27日(東京、日本科学未来館)

23. 藤原章雄.
日本生薬学会 2012年度
学術奨励賞受賞講演
マクロファージの活性化を制御する天然化合物の探索研究 〜ガン免疫療法への応用を目指して〜.
日本生薬学会 第59回年会 平成24年9月17日-18日(千葉、かずさアカデミアパーク)

24. 森松嘉孝、坂下直実、菰原義弘、大西紘二、Hiroshi Masuda、Dahan Diana、竹屋元裕、Christelle Guibert、Roger Marthan、石竹達也.
モノクロタリンによるラット肺高血圧症は、低圧・低酸素環境下にて重症化しplexiform lesionを形成する.
第1回 日本肺循環学会学術集会 平成24年9月22日(東京、東京ステーションコンファレンス)

25. 山本和孝、高良真樹子、小松春喜、藤原章雄、竹屋元裕、野原稔弘、小野政輝.
ブラックベリー(Rubus allegheniensis)の成分に関する研究(3).
日本農芸化学会西日本支部および日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部合同大会 平成24年9月28日-29日(鹿児島、鹿児島大学)

26. 上川将史、菰原義弘、竹屋元裕、水田博志.
悪性線維性組織球腫における腫瘍関連マクロファージの役割.
第27回 日本整形外科学会基礎学術集会 平成24年10月26日-27日(愛知、名古屋国際会議場)

27. 白石大偉輔、藤原章雄、Horlad Hasita、菰原義弘、大西紘二、池田剛、野原稔弘、竹屋元裕、水田博志.
新規硫黄含有化合物 ONA は STAT3 シグナル経路を抑制することで骨肉腫細胞の腫瘍進展を阻害する.
第27回 日本整形外科学会基礎学術集会 平成24年10月26日-27日(愛知、名古屋国際会議場)

28. 江口啓介、藤原章雄、加藤光、竹屋元裕、塚本佐知子.
動脈硬化に対する海綿成分manzamine Aの改善効果について.
第19回 天然薬物の開発と応用シンポジウム 平成24年11月1日-2日(大阪、大阪大学)

29. 江口啓介、藤原章雄、加藤光、竹屋元裕、塚本佐知子.
海綿成分manzamine Aの動脈硬化に対する抑制作用.
第29回 日本薬学会九州支部大会 平成24年12月8日-9日(熊本、熊本大学)

30. 藤原章雄、白石大偉輔、 菰原義弘、水田博志、竹屋元裕.
GLP-1 はマクロファージをM2フェノタイプへ誘導する.
第85回 日本生化学会大会 平成24年12月14日-16日(福岡、マリンメッセ福岡)

31. 荒木令江、南部(新堀)晶子、緑川宇一、永井美奈子、小林大樹、水口惣平、秀拓一郎、中村英夫、菰原義弘、竹屋元裕、倉津純一.
融合プロテオミクスによるグリオーマ幹細胞の分化誘導ニッチの解析.
第85回 日本生化学会大会 平成24年12月14日-16日(福岡、マリンメッセ福岡)

32. 小林大樹、平山未央、菰原義弘、水口惣平、ウィルソン-森藤政代、尹浩信、竹屋元裕、倉持朗、荒木令江.
融合プロテオミクスによる新規神経線維腫症1型(NF1)関連因子TCTPの同定と、そのNF1腫瘍における機能解析.
第85回 日本生化学会大会 平成24年12月14日-16日(福岡、マリンメッセ福岡)

33. 永井美芽、白河潤一、藤原章雄、永井竜児.
ヒト血中におけるメチルグリオキサール由来新規 AGE 構造体の検出.
第 22 回 日本メイラード学会年会 平成24年12月21日-22日(東京、東京農工大学小金井キャンパス)

2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017
 
2018 2019 2020 2021