1. Endo M, Oyadomari S, Terasaki Y, Takeya M, Suga M, Mori M, Gotoh T.
Induction of arginase I and II in bleomycin induced fibrosis of mouse lung.
Am J Physiol Lung Cell Mol Physiol 285: L312-L321, 2003

2. Shirafuji T, Oka T, Sawada T, Tamura K, Nagayasu T, Takeya M, Yoshimura T, Ayabe H.
Effects of induction therapy on wound healing at bronchial anastomosis sites in rats.
Jpn J Thorac Cardiovasc Surg 51: 217-224, 2003

3. Jinnouchi K, Terasaki Y, Fujiyama S, Tomita K, Kuziel WA, Maeda N, Takahashi K, Takeya M.
Impaired hepatic granuloma formation in mice deficient in C-C chemokine receptor 2.
J Pathol 200: 406-416, 2003

4. Oike Y, Yasunaga K, Ito Y, Matsumoto S, Maekawa H, Morisada T, Arai F, Nakagata N, Takeya M, Masuho Y, Suda T.
Angiopoietin-related growth factor (AGF) promotes epidermal proliferation, remodeling, and regeneration.
Proc Natl Acad Sci U S A 100:9494-9499, 2003

5. Furuichi K, Wada T, Iwata Y, Kitagawa K, Kobayashi K, Hashimoto H, Ishiwata Y, Asano M, Wang H, Matsushima K, Takeya M, Kuziel WA, Mukaida N, Yokoyama H.
CCR2 Signaling Contributes to Ischemia-Reperfusion Injury in Kidney.
J Am Soc Nephrol 14:2503-2515, 2003

6. Yamada M, Kim S, Egashira K, Takeya M, Ikeda T, Mimura O, Iwao H.
Molecular Mechanism and Role of Endothelial Monocyte Chemoattractant Protein-1 Induction by Vascular Endothelial Growth Factor.
Arterioscler Thromb Vasc Biol 23:1996-2001, 2003

7. Sakashita N, Miyazaki A, Chang CCY, Chang TY, Kiyota E, Satoh M, Komohara Y, Morganelli P, Horiuchi S, Takeya M.
Acyl-coenzyme A:cholesterol acyltransferase 2 (ACAT2) is induced in monocyte-derived macrophages: in vivo and in vitro studies.
Lab Invest 83:1569-1581, 2003

8. 竹屋元裕.
モノクローナル抗体を使って何が分かるか : 抗体の作り方から実験戦略の立て方まで.
組織細胞化学 2003: 179-187, 2003.

9. 尾田高志、藤野真之、山上和夫、大谷晴久、湯川進、竹屋元裕、吉沢信行.
SHC(自然発生高コレステロール血症)ラットにおける尿細管・間質病変および尿細管内Giant Mφに関する検討.
セラピューティック・リサーチ 24: 1265-1267, 2003.

10. 中川雄伸、寺崎泰弘、中村 治、吉松美佳、竹屋元裕.
転移巣にて肝様腺癌の像を示したS状結腸高分化腺癌の1例.
日臨細胞誌: 42, 394-395, 2003.

ページのトップへ


1. 竹屋元裕.
マクロファージの発生・分化と多様性.
第135回 日本獣医学会学術集会 平成15年3月29日-4月1日(東京、東京大学農学部)

2. 川島牧、中西雅子、桑村充、竹屋元裕、山手丈至.
免疫組織化学的手法によるハクジラ類6種のマクロファージ群の検出.
第135回 日本獣医学会学術集会 平成15年3月29日-4月1日(東京、東京大学農学部)

3. 佐藤広生、清田恵美、沢村達也、真田誠人、松岡瑠美子、古谷喜幸、竹屋元裕.
ヒト及びマウス組織におけるLOX-1発現の解析.
第92回 日本病理学会総会 平成15年4月23-25日(福岡、福岡国際会議場)

4. 水元孝郎、竹屋元裕、山手丈至.
マクロファージ(Mφ)の亜群を認識するモノクローナル抗体を用いたラットMφ細胞株HS‐Pの免疫組織学的解析.
第92回 日本病理学会総会 平成15年4月23-25日(福岡、福岡国際会議場)

5. 永田美与、寺崎泰弘、藤山重俊、冨田公夫、竹屋元裕.
Thioacetamide(TAA)誘発肝障害におけるCCケモカイン受容体2(CCR2)の役割.
第92回 日本病理学会総会 平成15年4月23-25日(福岡、福岡国際会議場)

6. 菰原義弘、竹屋元裕.
マウス胎生期におけるクラスAスカベンジャー受容体Type1,2(CD204)の発現.
第92回 日本病理学会総会 平成15年4月23-25日(福岡、福岡国際会議場)

7. 寺崎泰弘、福田悠、菅守隆、竹屋元裕.
膠原病肺におけるuPA,MMP2を介したエピモルフィンの役割.
第92回 日本病理学会総会 平成15年4月23-25日(福岡、福岡国際会議場)

8. 吉松美佳、寺崎泰弘、佐藤広生、清田恵美、坂下直実、竹屋元裕.
高脂血症マウスにおける肝マクロファージのMARCO発現は門脈中のエンドトキシンによって誘導される.
第92回 日本病理学会総会 平成15年4月23-25日(福岡、福岡国際会議場)

9. 大熊利之、寺崎泰弘、川筋道雄、竹屋元裕.
ブレオマイシン肺線維症におけるCCケモカイン受容体2(CCR2)の役割.
第92回 日本病理学会総会 平成15年4月23-25日(福岡、福岡国際会議場)

10. 尾田高志、吉沢信行、堀田修、藤野真之、山上和夫、竹屋元裕.
進行性糸球体腎炎における尿細管内Giant Mφに関する検討 II.
第46回 日本腎臓学会学術総会 平成15年5月22-24日(東京、東京国際フォーラム)

11. 衞藤光明、竹屋元裕、秋間道夫、下関敏江、徳永英博.
水俣病(メチル水銀中毒)患者末梢神経の免疫組織化学的研究.
第44回 日本神経病理学会総会学術研究会 平成15年5月29-31日(名古屋、名古屋市中小企業振興会館)

12. 菰原義弘、寺崎泰弘、竹屋元裕.
マウス胎生期におけるCD204陽性マクロファージの出現とアポトーシス細胞の処理.
第43回 日本リンパ網内系学会総会 平成15年6月5-6日(福岡、アクロス福岡)

13. 堀川朝広、竹屋元裕.
モノクローナル抗体によるモルモットマクロファージの解析.
第43回 日本リンパ網内系学会総会 平成15年6月5-6日(福岡、アクロス福岡)

14. 蓮井和久, 竹屋元裕, 青笹克之, 佐藤栄一.
鼻NK細胞性リンパ腫の背景間質細胞の特徴について.
第43回 日本リンパ網内系学会総会 平成15年6月5-6日(福岡、アクロス福岡)

15. 川島牧、中西雅子、桑村充、竹屋元裕、山手丈至.
ハクジラ目における肝マクロファージの分布と異物どん食能についての形態学的研究.
第136回 日本獣医学会学術集会 平成15年10月3-5日(青森、青森市文化会館)

16. 菰原義弘、寺崎泰弘、竹屋元裕.
マウス胎生期におけるアポトーシス細胞の処理とCD204(class A scavenger receptor type 1,2,3)の関与.
第44回日本組織細胞化学会 第35回日本臨床電子顕微鏡学会 合同学術集会 平成15年10月29-31日(東京、文京シビックホール)

17. 鈴木宏志、HERBAS S、柳本佳子、横山直明、XUAN X、竹屋元裕.
Plasmodium berghei感染におけるα‐tocopherol転送蛋白(α‐TTP)欠損マウスの抵抗性について.
第26回 日本分子生物学会年会 平成15年12月10-13日(神戸、神戸国際展示場)


ページのトップへ

2003
2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017
 
2018 2019 2020 2021