1. Komohara Y, Terasaki Y, Kaikita K, Suzuki H, Kodama T, Takeya M.
Clearance of apoptotic cells is not impaired in mouse embryos deficient in class A scavenger receptor types I and II (CD204).
Dev Dyn. 232(1): 67-74, 2005.

2. Fukuhara-Takaki K, Sakai M, Sakamoto Y, Takeya M, Horiuchi S.
Expression of class A scavenger receptor is enhanced by high glucose in vitro and under diabetic conditions in vivo: one mechanism for an increased rate of atherosclerosis in diabetes.
J Biol Chem. 280(5): 3355-3364, 2005.

3. Terasaki Y, Fukuda Y, Suga M, Ikeguchi N, Takeya M.
Epimorphin expression in interstitial pneumonia.
Respir Res. 6(1): 6, 2005.

4. Nakajou K, Horiuchi S, Sakai M, Haraguchi N, Tanaka M, Takeya M, Otagiri M.
Renal clearance of glycolaldehyde- and methylglyoxal-modified proteins in mice is mediated by mesangial cells through a class A scavenger receptor (SR-A).
Diabetologia. 48(2): 317-327, 2005.

5. Oike Y, Akao M, Yasunaga K, Yamauchi T, Morisada T, Ito Y, Urano T, Kimura Y, Kubota Y, Maekawa H, Miyamoto T, Miyata K, Matsumoto SI, Sakai J, Nakagata N, Takeya M, Koseki H, Ogawa Y, Kadowaki T, Suda T.
Angiopoietin-related growth factor antagonizes obesity and insulin resistance.
Nat Med. 11(4):400-408, 2005.

6. Nakajou K, Horiuchi S, Sakai M, Hirata K, Tanaka M, Takeya M, Kai T, Otagiri M.
CD36 is not involved in scavenger receptor-mediated endocytic uptake of glycolaldehyde- and methylglyoxal-modified proteins by liver endothelial cells.
J Biochem (Tokyo). 137(5): 607-616, 2005.

7. Izumi Y, Kim-Mitsuyama S, Yoshiyama M, Omura T, Shiota M, Matsuzawa A, Yukimura T, Murohara T, Takeya M, Ichijo H, Yoshikawa J, Iwao H.
Important role of apoptosis signal-regulating kinase 1 in ischemia-induced angiogenesis.
Arterioscler Thromb Vasc Biol. 25(9): 1877-1883, 2005.

8. Fujimura S, Xing Y, Takeya M, Yamashita Y, Ohshima K, Kuwahara K, Sakaguchi N.
Increased expression of germinal center-associated nuclear protein RNA-primase is associated with lymphomagenesis.
Cancer Res. 65(13): 5925-534, 2005.

9. Yagi M, Miyamoto T, Sawatani Y, Iwamoto K, Hosogane N, Fujita N, Morita K, Ninomiya K, Suzuki T, Miyamoto K, Oike Y, Takeya M, Toyama Y, Suda T.
DC-STAMP is essential for cell-cell fusion in osteoclasts and foreign body giant cells.
J Exp Med. 202(3): 345-351, 2005.

10. Ohmuraya M, Hirota M, Araki M, Mizushima N, Matsui M, Mizumoto T, Haruna K, Kume S, Takeya M, Ogawa M, Araki K, Yamamura K.
Autophagic cell death of pancreatic acinar cells in serine protease inhibitor Kazal type 3-deficient mice.
Gastroenterology. 129(2):696-705, 2005.

11. Arredouani MS, Palecanda A, Koziel H, Huang YC, Imrich A, Sulahian TH, Ning YY, Yang Z, Pikkarainen T, Sankala M, Vargas SO, Takeya M, Tryggvason K, Kobzik L.
MARCO is the major binding receptor for unopsonized particles and bacteria on human alveolar macrophages.
J Immunol. 175(9): 6058-6064, 2005.

12. 竹屋元裕.
単球・マクロファージ系細胞—炎症、粥状硬化、肥満にかかわる多彩な細胞集団臨床免疫学(上).
日本臨床 63: 増刊号4、117-122、2005.

13. 海北幸一、小川久雄、竹屋元裕.
心筋梗塞後左室リモデリングにおけるCCケモカイン受容体2(CCR2)の役割.
循環器専門医: 日本循環器学会専門医誌 13: 297-304, 2005.

14. 谷原秀信、稲谷大、川路隆博、猪俣泰也、高野晃臣、相良仁奈、高橋枝里、平田憲、安東えい子、古賀貴久、粟井麻衣子、古賀朋代、筒井順一郎、犬丸淳子、馬渡祐記、井上俊洋、福島美紀子、本庄恵、木戸啓文、佐谷秀行、永野修、竹屋元裕、安東由喜雄、森正敬、田賀哲也、成宮周、沢村達也、BYJT Yue、本田孔士、永田誠.
新しい眼薬物療法 : 分子基盤に基づいた眼疾患の理解と新しい眼薬物療法.
日本眼科學会雜誌 109: 917-959, 2005.

ページのトップへ


1. 寺崎泰弘、小林広典、大熊利之、竹屋元裕.
高濃度酸素暴露マウス傷害肺における8-ニトログアノシンの形成と局在.
第94回 日本病理学会総会 平成17年4月14-16日(横浜、パシフィコ横浜)


2. 吉松美佳、寺崎泰弘、清田恵美、竹屋元裕.
高脂肪食負荷肥満マウスにおける脂肪組織のアディポカインmRNAの発現.
第94回 日本病理学会総会 平成17年4月14-16日(横浜、パシフィコ横浜)


3. 菰原義弘、堀川朝広、河村京子、坂下直実、竹屋元裕.
抗マクロファージモノクローナル抗体AM-3KはCD163を認識する.
第94回 日本病理学会総会 平成17年4月14-16日(横浜、パシフィコ横浜)

4. 堀川朝広、菰原義弘、清田恵美、竹屋元裕.
新規単クローン抗体であるPM-1Kはヒト及びモルモットマクロファージを認識する.
(A NEW MONOCLONAL ANTIBODY,PM-1K,RECOGNIZES HUMAN AND GUINEA PIG MACROPHAGES)
第94回 日本病理学会総会 平成17年4月14-16日(横浜、パシフィコ横浜)

5. 早崎剛典、海北幸一、小川久雄、竹屋元裕.
マウス心筋虚血再灌流モデルにおけるCCケモカイン受容体2(CCR2)の役割.
第94回 日本病理学会総会 平成17年4月14-16日(横浜、パシフィコ横浜)

6. 小林広典、寺崎泰弘、大熊利之、竹屋元裕.
高酸素誘発性急性肺損傷における肺胞マクロファージのSR-A受容体の役割.
(Role of SR-A receptor of alveolar macrophages in the process of hyperoxia induced acute lung injury)
第94回 日本病理学会総会 平成17年4月14-16日(横浜、パシフィコ横浜)

7. 寺崎泰弘、芥照夫、赤池孝章、竹屋元裕.
特発性肺線維症, 扁平上皮がんにおける8-ニトログアノシンの発現と局在.
第45回 日本呼吸器学会学術講演会 平成17年4月14-16日(千葉、幕張メッセ)

8. 吉田正貴、桝永浩一、吉松美佳、稲留彰人、宮前公一、岩下仁、上田昭一、竹屋元裕、堀内正公、塩見雅志.
過活動膀胱 (OAB) の発症メカニズムに関する研究 : WHHLウサギを用いての検討.
第93回 日本泌尿器科学会総会 平成17年4月15-16日(東京、ホテル日航東京)

9. 上村直子、青木亜衣、中川雄伸、徳永英博、猪山賢一、片渕秀隆.
卵巣癌症例における術前の子宮内膜吸引細胞診の検討.
第46回 日本臨床細胞学会総会、平成17年5月26-28日(福岡、福岡国際会議場)

10. 菰原義弘、堀川朝広、河村京子、坂下直実、清田恵美、荒木令江、竹屋元裕.
CD163を認識するモノクローナル抗体AM-3Kのalternatively activated macrophageのマーカーとしての有用性.
第45回 日本リンパ網内系学会総会 平成17年7月13-15日(福岡、アクロス福岡)

11. 早崎剛典、海北幸一、小川久雄、竹屋元裕.
CCケモカイン受容体2欠損マウスにおける心筋虚血再灌流傷害の抑制効果の検討.
第45回 日本リンパ網内系学会総会 平成17年7月13-15日(福岡、アクロス福岡)

12. 岩下博文、寺崎泰弘、芥照夫、竹屋元裕、赤池孝章.
肺扁平上皮癌および特発性肺線維症における8-ニトログアノシンの生成.
第64回 日本癌学会総会 平成17年9月14-16日(札幌、ロイトン札幌)

13. 中村美紀、奥野豊、吉森保、竹屋元裕、満屋裕明、畑裕之.
サリドマイド, クラリスロマイシンによる骨髄腫細胞へのautophagy誘導.
第67回 日本血液学会・第47回 日本臨床血液学会総会 平成17年9月17-19日(横浜、パシフィコ横浜)


ページのトップへ

2005
2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017
 
2018 2019 2020 2021