1. Adachi H, Fujiwara Y, Kondo T, Nishikawa T, Ogawa R, Matsumura T, Ishii N, Nagai R, Miyata K, Tabata M, Motoshima H, Furukawa N, Tsuruzoe K, Kawashima J, Takeya M, Yamashita S, Koh GY, Suda T, Oike Y, Araki E.
Angptl 4 deficiency improves lipid metabolism, suppresses foam cell formation and protects against atherosclerosis.
Biochem Biophys Res Commun 379: 806-811, 2009.

2. Sugamura K, Sugiyama S, Nozaki T, Matsuzawa Y, Izumiya Y, Miyata K, Nakayama M, Kaikita K, Obata T, Takeya M, Ogawa H.
Activated Endocannabinoid System in Coronary Artery Disease and Antiinflammatory Effects of Cannabinoid 1 Receptor Blockade on Macrophages.
Circulation 119: 28-36, 2009.

3. Jin S, Zhao G, Li Z, Nishimoto Y, Isohama Y, Shen J, Ito T, Takeya M, Araki K, He P, Yamamura KI.
Age-related pulmonary emphysema in mice lacking alpha/beta hydrolase domain containing 2 gene.
Biochem Biophys Res Commun 380: 419-424, 2009.

4. Kawamura K, Komohara Y, Takaishi K, Katabuchi H, Takeya M.
Detection of M2 macrophages and colony-stimulating factor 1 expression in serous and mucinous ovarian epithelial tumors.
Pathol Int 59: 300-305, 2009.

5. Yajima I, Kumasaka M, Thang ND, Yanagishita T, Ohgami N, Kallenberg D, Naito Y, Yoshikawa T, Sakashita N, Kato M.
Zinc finger protein 28 as a novel melanoma-related molecule.
J Dermatol Sci 55: 68-70, 2009.

6. Matsumoto K, Fujiwara Y, Nagai R, Yoshida M.
Immunohistochemical detection of advanced glycation end products in human bladder with specific monoclonal antibody.
Int J Urol 16: 402-405, 2009.

7. Iijima Y, Fujiwara Y, Tokita T, Ikeda T, Nohara T, Aoki K, Shibata D.
Involvement of ethylene in the accumulation of esculeoside A during fruit ripening of tomato.
J Agric Food Chem 57: 3247-3252, 2009.

8. Inomata Y, Fukushima M, Hara R, Takahashi E, Honjo M, Koga T, Kawaji T, Satoh H, Takeya M, Sawamura T, Tanihara H.
Suppression of Choroidal Neovascularization in Lectin-like Oxidized Low-Density Lipoprotein Receptor Type 1-Deficient Mice.
Invest Ophthalmol Vis Sci 50: 3970-3976, 2009.

9. Higashi-Kuwata N, Makino T, Inoue Y, Takeya M, Ihn H.
Alternatively activated macrophages (M2 macrophages) in the skin of patient with localized scleroderma.
Exp Dermatol 18: 727-729, 2009.

10. Motomura K, Fujiwara Y, Kiyota N, Tsurushima K, Takeya M, Nohara T, Nagai R, Ikeda T.
Astragalosides Isolated from the Root of Astragalus Radix Inhibit the Formation of Advanced Glycation End Products.
J Agric Food Chem 57: 7666-7672, 2009.

11. Komohara Y, Takemura K, Lei XF, Sakashita N, Harada M, Suzuki H, Kodama T, Takeya M.
Delayed growth of EL4 lymphoma in SR-A-deficient mice is due to upregulation of nitric oxide and interferon-gamma production by tumor-associated macrophages.
Cancer Sci 100: 2160-2166, 2009.

12. Ohta K, Kuwahara K, Zhang Z, Makino K, Komohara Y, Nakamura H, Kuratsu JI, Sakaguchi N.
Decreased expression of germinal center-associated nuclear protein is involved in chromosomal instability in malignant gliomas.
Cancer Sci 100: 2169-2176, 2009.

13. Kojima S, Kojima S, Ueno H, Takeya M, Ogawa H.
Increased density of the liver and amiodarone-associated phospholipidosis.
Cardiol Res Pract 2009: 598940, 2009.

14. 藤原章雄、池田剛、竹屋元裕、野原稔弘、永井竜児.
トマト由来の新規動脈硬化抑制化合物について.
New Food Industry 51: 21-29, 2009.

15. 竹屋元裕.
骨髄病理のトピックス 組織球肉腫.
病理と臨床 27: 1077-1081, 2009.

16. 大西紘二、村山寿彦、森松嘉孝、吉野歩、竹屋元裕.
小腸転移により腸重積を惹起した肺原発癌肉腫の1例.
診断病理 26: 285-291, 2009.

ページのトップへ


1. XiaoFeng Lei, Naomi Sakashita, Yukio Fujiwara, Catherine CY Chang, Ta-Yuan Chang, Motohiro Takeya.
Translocation of acyl-CoA:cholesterol acyltransferase 1 enzyme (ACAT1) from endoplasmic reticulum to late endosomal associated membranes in cholesterol-rich human macrophages. 
International Symposium on Atherosclerosis 2009 (ISA2009), June 15-18, 2009 (Boston, USA).

2. Yoshihiro Komohara, Yukio Fujiwara, Motohiro Takeya.
Stat3 mediates the cell-cell interaction of macrophages and tumor cells in human glioblastoma.
17th International Sypmposium on Molecular Cell Biology of Macrophages, July 3-4, 2009 (Kanazawa, Japan).

3. XiaoFeng Lei, Naomi Sakashita, Yukio Fujiwara, Catherine CY Chang, Ta-Yuan Chang, Motohiro Takeya.
Presence of ACAT1 on late endosome (LE) in cholesterol-rich macrophages: efficient cholesterol esterification on LE and possible therapeutic strategy for Niemann-Pick disease type C1.
17th International Sypmposium on Molecular Cell Biology of Macrophages, July 3-4, 2009 (Kanazawa, Japan).

4. Yukio Fujiwara, Yoshihiro Komohara, Tsuyoshi Ikeda, Motohiro Takeya.
Effect of Natural Compounds on Human Macrophage Activation.
The 9th World Congress on Inflammation, July 6-10, 2009 (Tokyo, Japan).

5. Motohiro Takeya, Yoshihiro Komohara.
M2 anti-inflammatory macrophage phenotype and tumor microenvironment.
The Third Japanese-Chinese Symposium of Pathology, August 2-9, 2009 (Shandon, China).

6. Koji Ohnishi, Yoshihiro Komohara, Yukio Fujiwara, Emi Kiyota, XiaoFeng Lei, Naomi Sakashita, Kenichi Takemura, Motohiro Takeya.
Involvement of Macrophage Class A Scavenger Receptor (CD204) in Toll-like Receptor 4 Signal Transduction.
The 10th Japanese-Korean Lymphoreticular Workshop 2009, October 28-30, 2009 (Fukushima, Japan).

7. XiaoFeng Lei, Naomi Sakashita, Catherine CY Chang, Ta-Yuan Chang, Motohiro Takeya.
Translocation of acyl-coenzyme a: cholesterol acyltransferase 1 (ACAT1) from endoplasmic reticulum (ER) to late endosomes associated membranes in cholesterol-rich human macrophage.
The 10th Japanese-Korean Lymphoreticular Workshop 2009, October 28-30, 2009 (Fukushima, Japan).

8. 竹屋元裕.
医学部における臨床教育の実践と課題.
文部科学省専門職大学院等における高度専門職業人養成教育推進プログラム
第4回国際シンポジウム:臨床法学教育の実践と展望(熊本大学大学院法曹養成研究科主催).
平成21年2月28日(熊本、熊本大学工学部百周年記念館)

9. 竹屋元裕.
拠点B:ライフスタイルとストレスシグナルの先端研究拠点.
熊本大学大学院医学教育部 平成20年度・大学院教育FD講演会 平成21年3月3日(熊本、熊本大学)

10. 岡本竜哉、Shahzada Khan、山部浩茂、藤井重元、澤智裕、河村好章、坂下直実、竹屋元裕、赤池孝章.
Helicobacter cinaediの血清診断法の確立と感染疫学.
第82回 日本細菌学会総会 平成21年3月12日-14日(名古屋、名古屋国際会議場)

11. 松本賢士、藤原章雄、吉田正貴.
腎細胞癌における、scavenger receptor class AI(SR-AI)およびCD36の発現.
第97回 日本泌尿器科学会総会 平成21年4月16日-19日(岡山、岡山コンベンションセンター)

12. 田中都、菅波孝祥、杉田聡、竹屋元裕、笠原正登、竹田秀、小川佳宏.
中枢神経系を介するレプチンの炎症調節作用.
第82回 日本内分泌学会学術総会 平成21年4月23日-25日 (前橋、群馬県民会館)

13. 菰原義弘、竹村健一、坂下直実、竹屋元裕.
腫瘍内浸潤マクロファージにおけるCD204(class A scavenger receptor)発現の意義.
第98回 日本病理学会総会 平成21年5月1日-3日(京都、国立京都国際会館)

14. 雷小峰、坂下直実、藤原章雄、キャサリーンCYチャン、タ・ユァン・チャン、竹屋元裕.
エンドゾームへのACAT1トランスロケーションを用いたNiemann-Pick disease Type C(NPC)の治療戦略の探索.
第98回 日本病理学会総会 平成21年5月1日-3日(京都、国立京都国際会館)

15. 坂下直実、雷小峰、キャサリーンCYチャン、タ・ユァン・チャン、竹屋元裕.
高脂血症病態のマクロファージはACAT1トランスロケーションによりファゴゾームの成熟遅延を引き起こす.
第98回 日本病理学会総会 平成21年5月1日-3日(京都、国立京都国際会館)

16. 藤原章雄、菰原義弘、池田剛、坂下直実、竹屋元裕.
ヒトマクロファージの活性化を制御する天然物由来化合物の探索.
第98回 日本病理学会総会 平成21年5月1日-3日(京都、国立京都国際会館)

17. 竹村健一、坂下直実、藤原章雄、菰原義弘、雷小峰、大西紘二、水田博志、竹屋元裕.
クラスAスカベンジャー受容体(CD204)による破骨細胞分化制御の解析.
第98回 日本病理学会総会 平成21年5月1日-3日(京都、国立京都国際会館)

18. 大西紘二、菰原義弘、藤原章雄、竹屋元裕.
CD204(クラスAスカベンジャー受容体)はMyD88依存性と非依存性のTLR4シグナル伝達経路を抑制する.
第98回 日本病理学会総会 平成21年5月1日-3日(京都、国立京都国際会館)

19. 高石清美、菰原義弘、竹屋元裕.
卵巣癌進行期の腹腔内微小環境におけるマクロファージの役割.
第98回 日本病理学会総会 平成21年5月1日-3日(京都、国立京都国際会館)

20. 新野大介、菰原義弘、村山寿彦、木村芳三、青木良祐、清水桂、杉田保雄、竹屋元裕、大島孝一.
血管免疫芽球性T細胞リンパ腫(AILT)におけるM2マクロファージの腫瘍内浸潤は予後不良となる.
第98回 日本病理学会総会 平成21年5月1日-3日(京都、国立京都国際会館)

21. 大西紘二、菰原義弘、藤原章雄、坂下直実、清田恵美、竹村健一、竹屋元裕.
CD204(class A scavenger receptor)はToll-like receptor 4のMyD88依存性及び非依存性シグナル伝達経路を抑制する.
第49回 リンパ網内系学会総会 平成21年7月9-11日(淡路、淡路夢舞台国際会議場)

22. 大西紘二、菰原義弘、坂下直実、猪山賢一、村山寿彦、竹屋元裕.
ランゲルハンス細胞組織球症に浸潤するM2マクロファージはIL-10の分泌を介して腫瘍細胞の増殖を抑制する.
第49回 リンパ網内系学会総会 平成21年7月9-11日(淡路、淡路夢舞台国際会議場)

23. XiaoFeng Lei, Naomi Sakashita, Yukio Fujiwara, Catherine CY, Chang, Ta-Yuan Chang, Motohiro Takeya.
Translocation of ACAT1 from ER to late endosomal associated membrances in cholesterol-rich human macrophages.
第41回 日本動脈硬化学会総会 平成21年7月17-18日(下関、海峡メッセ下関)

24. 中川雄伸、高石清美、菰原義弘、清田恵美、林田唯、片渕秀隆、竹屋元裕.
卵巣癌の組織型推定におけるセルブロック併用腹水細胞診の有用性.
九州地区総合技術研究会 in 熊本大学 平成21年9月3日-4日(熊本、熊本大学工学部).

25. 中川雄伸、清田恵美、林田唯.
簡便なセルブロック作製法の紹介と蛍光抗体二重染色の検討.
九州地区総合技術研究会 in 熊本大学 平成21年9月3日-4日(熊本、熊本大学工学部).

26. 坂下直実、雷小峰、藤原章雄、チャン タユァン、チャン キャサリーン、竹屋元裕.
コレステロールによるマクロファージの機能制御:ACAT1陽性特異オルガネラによるコレステロール代謝制御、異物貪食障害、C型ニーマンピック病治療戦略.
第50回 日本組織細胞化学会総会・学術集会 平成21年9月26日-27日(大津、ピアザ淡海).

27. 吉冨万希子、藤原章雄、池田剛、永井竜児、坂下直実、竹屋元裕、塚本佐知子.
天然物由来 AGEs 生成阻害剤の探索 (6).
日本生薬学会 第56回年会 平成21年10月3-4日 (京都、京都薬科大学)

28. 林田明倫、大宮司典香、池田剛、塚本佐知子、藤原章雄、竹屋元裕.
生薬・酸棗仁のマクロファージ泡沫化阻害活性について.
日本生薬学会 第56回年会 平成21年10月3-4日 (京都、京都薬科大学)

29. 野原稔弘、宮下裕幸、吉満斉、EL‐AASR Mona、藤原章雄、池田剛、塚本佐知子、竹屋元裕、 小野政輝、中野大輔、大川雅史、金城順英.
Onionから生理活性新規Sulphide化合物の単離.
日本生薬学会 第56回年会 平成21年10月3-4日 (京都、京都薬科大学)

30. 野原稔弘、宮下裕幸、吉満斉、EL-AASR Mona、藤原章雄、池田剛、塚本佐知子、竹屋元裕、小野政輝、大川雅之、金城順英.
Onionからマクロフアージ活性化制御作用を有するSulphide化合物の分離.
第51回 天然有機化合物討論会 平成21年10月7-9日 (名古屋、名古屋市公会堂)

31. 藤原章雄、菰原義弘、池田剛、坂下直実、竹屋元裕.
Oleanolic acidのマクロファージ活性化制御作用について.
第82回 日本生化学会大会 平成21年10月21-24日 (神戸、神戸国際会議場)

32. 竹村健一、坂下直実、藤原章雄、菰原義弘、雷小峰、大西紘二、竹屋元裕、水田博志.
Macrophage scavenger receptor class a(SR‐A)による破骨細胞分化制御の解析.
第24回 日本整形外科学会基礎学術集会 平成21年11月5日-6日 (横浜、パシフィコ横浜)

33. 久嶋史枝、仙波圭、中村英一、竹屋元裕、米村憲輔、水田博志.
ラット成長軟骨板におけるオートファジー発生の解析.
第24回 日本整形外科学会基礎学術集会 平成21年11月5日-6日 (横浜、パシフィコ横浜)

34. 坂下直実.
コレステロールによるマクロファージの機能制御:ACAT1陽性特異オルガネラの同定から細胞内コレステロール代謝制御、ファゴゾーム機能障害、C型ニーマンピック病治療戦略まで. 
A演説学術研究賞
第55回 日本病理学会秋期特別総会 平成21年11月19-20日 (東京、九段会館)

2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017
 
2018 2019 2020 2021