1. Jono T, Nagai R, Lin X, Ahmed N, Thornalley PJ, Takeya M, Horiuchi S.
N{varepsilon}-(Carboxymethyl)lysine and 3-DG-Imidazolone Are Major AGE Structures in Protein Modification by 3-Deoxyglucosone.
J Biochem (Tokyo). 2004 , 136(3):351-358.

2. Isome M, Fujinaka H, Adhikary LP, Kovalenko P, El-Shemi AG, Yoshida Y, Yaoita E, Takeishi T, Takeya M, Naito M, Suzuki H, Yamamoto T.
Important role for macrophages in induction of crescentic anti-GBM glomerulonephritis in WKY rats.
Nephrol Dial Transplant. 2004 , 19(12):2997-3004.

3. Yoshimatsu M, Terasaki Y, Sakashita N, Kiyota E, Sato H, van der Laan LJ, Takeya M.
Induction of macrophage scavenger receptor MARCO in nonalcoholic steatohepatitis indicates possible involvement of endotoxin in its pathogenic process.
Int J Exp Pathol. 2004 , 85(6):335-343.

4. Kawashima M, Kuwamura M, Takeya M, Yamate J.
Morphologic characteristics of pulmonary macrophages in cetaceans: particular reference to pulmonary intravascular macrophages as a newly identified type.
Vet Pathol. 2004 , 41(6):682-686.

5. Okuma T, Terasaki Y, Kaikita K, Kobayashi H, Kuziel WA, Kawasuji M, Takeya M.
C-C chemokine receptor 2 (CCR2) deficiency improves bleomycin-induced pulmonary fibrosis by attenuation of both macrophage infiltration and production of macrophage-derived matrix metalloproteinases.
J Pathol. 2004 , 204(5):594-604.

6. Zhang D, Hirota T, Marumoto T, Shimizu M, Kunitoku N, Sasayama T, Arima Y, Feng L, Suzuki M, Takeya M, Saya H.
Cre-loxP-controlled periodic Aurora-A overexpression induces mitotic abnormalities and hyperplasia in mammary glands of mouse models.
Oncogene. 2004 , 23(54):8720-8730.

7. Khuda SE, Yoshida M, Xing Y, Shimasaki T, Takeya M, Kuwahara K, Sakaguchi N.
The Sac3 homologue shd1 is involved in mitotic progression in mammalian cells.
J Biol Chem. 2004 , 279(44):46182-46190.

8. Kaikita K, Hayasaki T, Okuma T, Kuziel WA, Ogawa H, Takeya M.
Targeted deletion of CC chemokine receptor 2 attenuates left ventricular remodeling after experimental myocardial infarction.
Am J Pathol. 2004 , 165(2):439-447.

9. Hori M, Satoh M, Furukawa K, Sakamoto Y, Hakamata H, Komohara Y, Takeya M, Sasaki Y, Miyazaki A, Horiuchi S.
Acyl-coenzyme A:cholesterol acyltransferase-2 (ACAT-2) is responsible for elevated intestinal ACAT activity in diabetic rats.
Arterioscler Thromb Vasc Biol. 2004 , 24(9):1689-1695.

10. Kawashima M, Nakanishi M, Kuwamura M, Takeya M, Yamate J.
Distributive and phagocytic characteristics of hepatic macrophages in five cetaceans belonging to Delphinidae and Ziphiidae.
J Vet Med Sci. 2004 , 66(6):671-680.

11. Kitagawa K, Wada T, Furuichi K, Hashimoto H, Ishiwata Y, Asano M, Takeya M, Kuziel WA, Matsushima K, Mukaida N, Yokoyama H.
Blockade of CCR2 ameliorates progressive fibrosis in kidney.
Am J Pathol. 2004 , 165(1):237-246.

12. Miyamoto K, Kitamoto Y, Tokunaga H, Takeya M, Ezaki T, Imamura T, Tomita K.
Protective effect of vascular endothelial growth factor/vascular permeability factor 165 and 121 on glomerular endothelial cell injury in the rat.
Lab Invest. 2004 , 84(9):1126-1136.

13. Kuwahara F, Kai H, Tokuda K, Takeya M, Takeshita A, Egashira K, Imaizumi T.
Hypertensive myocardial fibrosis and diastolic dysfunction: another model of inflammation?
Hypertension. 2004 , 43(4):739-775.

14. Kawashima M, Nakanishi M, Kuwamura M, Takeya M, Yamate J.
Immunohistochemical detection of macrophages in the short-finned pilot whale (Globicephala macrorhynchus) and Risso's dolphin (Grampus griseus).
J Comp Pathol. 2004 , 130(1):32-40.

15. Hino H, Araki K, Uyama E, Takeya M, Araki M, Yoshinobu K, Miike K, Kawazoe Y, Maeda Y, Uchino M, Yamamura K.
Myopathy phenotype in transgenic mice expressing mutated PABPN1 as a model of oculopharyngeal muscular dystrophy.
Hum Mol Genet. 2004 , 13(2):181-190.

16. Okiyoneda T, Harada K, Takeya M, Yamahira K, Wada I, Shuto T, Suico MA, Hashimoto Y, Kai H.
Delta F508 CFTR pool in the endoplasmic reticulum is increased by calnexin overexpression.
Mol Biol Cell. 2004 , 15(2):563-574.

17. 川島牧、中西雅子、桑村充、竹屋元裕、山手丈至.
マイルカ科とアカボウクジラ科に属する5種の鯨類における肝マクロファージの分布と貪食作用(病理学).
The journal of veterinary medical science 66: 671-680, 2004.

18. 竹屋元裕.
マクロファージの再認識  粥状動脈硬化症とマクロファージ.
モレキュラーメディシン 41: 999-1004, 2004.

19. 衛藤光明、竹屋元裕、秋間道夫.
水俣病(メチル水銀中毒)の感覚障害に関する考察-末梢神経の病理学的所見を踏まえて-.
最新医学 59: 970-976, 2004.

20. 真柴新一、小笠原憲、竹屋元裕、和田洋一郎、佐原真、小島志穂、田端一恵、相沢忠範、児玉龍彦.
検査法の開発と病態解明のアプローチ(6)血清アミロイドA・LDL複合体の検査法の開発と心血管イベント予測への臨床応用.
臨床病理 52: 67-74, 2004.

ページのトップへ


1. HERBAS Shirley、柳本佳子、横山直明、XUAN Xuenan、竹屋元裕、鈴木宏志.
α‐tocopherol転送蛋白(α‐TTP)欠損マウスのPlasmodium berghei感染抵抗性.
第73回 日本寄生虫学会大会 平成16年4月3-4日(前橋、群馬県民会館)


2. 日野洋健、宇山英一郎、前田寧、三池浩一郎、竹屋元裕、荒木喜美、山村研一、内野誠.
眼咽頭筋ジストロフィーモデルマウスの解析.
第45回 日本神経学会総会 平成16年5月11-14日(東京、新高輪プリンスホテル)


3. 堀川朝広、菰原義弘、竹屋元裕.
ヒト及びモルモットマクロファージを認識するモノクローナル抗体, PM-1Kの免疫組織化学的検討と抗原解析.
第93回 日本病理学会総会 平成16年6月9-11日(札幌、札幌コンベンションセンター)

4. 佐藤広生、竹屋元裕.
ヒト及びマウス胎盤におけるLOX-1の発現.
第93回 日本病理学会総会 平成16年6月9-11日(札幌、札幌コンベンションセンター)

5. 永田美与、寺崎泰弘、竹屋元裕.
Thioacetamide(TAA)誘発肝障害におけるCCケモカイン受容体2(CCR2)の役割.
第93回 日本病理学会総会 平成16年6月9-11日(札幌、札幌コンベンションセンター)

6. 寺崎泰弘、竹屋元裕.
特発性肺線維症 扁平上皮がんにおける8-ニトログアノシンの発現と局在.
第93回 日本病理学会総会 平成16年6月9-11日(札幌、札幌コンベンションセンター)

7. 海北幸一、早崎剛典、大熊利之、小川久雄、竹屋元裕.
心筋梗塞組織リモデリングにおけるCCケモカイン受容体2(CCR2)の役割.
第93回 日本病理学会総会 平成16年6月9-11日(札幌、札幌コンベンションセンター)

8. 早崎剛典、海北幸一、小川久雄、竹屋元裕.
マウス心筋虚血再灌流モデルにおける単球走化因子(MCP-1)及びCCケモカイン受容体2(CCR2)の役割.
第93回 日本病理学会総会 平成16年6月9-11日(札幌、札幌コンベンションセンター)

9. 吉松美佳、寺崎泰弘、清田恵美、竹屋元裕.
高脂肪食負荷脂肪肝におけるMARCO発現とエンドトキシンの関与.
第93回 日本病理学会総会 平成16年6月9-11日(札幌、札幌コンベンションセンター)

10. 水元孝郎、寺崎泰弘、山手丈至、竹屋元裕.
ラット組織球肉腫から樹立した細胞株HS‐Pの免疫組織学的解析及びマクロファージ細胞株としての有用性の検討.
第93回 日本病理学会総会 平成16年6月9-11日(札幌、札幌コンベンションセンター)

11. 衛藤光明、竹屋元裕、徳永英博.
低濃度メチル水銀の成人への影響に関する神経病理学的研究.
第93回 日本病理学会総会 平成16年6月9-11日(札幌、札幌コンベンションセンター)

12. 大村谷昌樹、荒木喜美、荒木正健、水島昇、松井誠、広田昌彦、春名享子、粂昭苑、竹屋元裕、山村研一.
膵分泌トリプシン阻害成分欠損マウスにおける膵腺房細胞の自食性細胞死.
日本発生生物学会第37回大会 平成16年6月4-6日(名古屋、名古屋国際会議場)

13. 芥照夫、赤池孝章、吉武淳、金子一義、中山仁、寺崎泰弘、竹屋元裕、前田浩.
8‐ニトログアノシンの生体内生成と細胞保護作用.
第26回 日本フリーラジカル学会学術集会 平成16年6月24-25日(山形、ホテルキャッスル)

14. 竹屋元裕.
クラスAスカベンジャー受容体(CD204)の多面的機能:脂質代謝を超えて.
第46回 日本脂質生化学会 平成16年6月18-19日(熊本、熊本市産業文化会館)

15.平原順子、寺崎泰弘、竹屋元裕.
マクロファージスカベンジャー受容体(CD204)に対する単クローン抗体(SRA‐E5)を用いた病理検体の免疫組織学的検討.
第44回 日本リンパ網内系学会総会 平成16年7月14-16日(京都、国立京都国際会館)

16. 大熊利之、寺崎泰弘、小林広典、竹屋元裕.
CCケモカイン受容体2(CCR2)欠損マウスにおけるブレオマイシン肺線維症の解析.
第44回 日本リンパ網内系学会総会 平成16年7月14-16日(京都、国立京都国際会館)

17. 生見薫子、平原順子、菰原義弘、竹屋元裕.
樹状細胞におけるクラスAマクロファージスカベンジャー受容体(CD204)の発現について.
第44回 日本リンパ網内系学会総会 平成16年7月14-16日(京都、国立京都国際会館)

18. 坂下直実、CHANG C C Y、竹屋元裕、CHANG T‐Y.
ヒトマクロファージ泡沫化機構の解析:コレステロール負荷に伴うマクロファージ小胞体の変化―コレステロールリッチ新規小胞体ドメインの形成とその機能について.
第36回 日本臨床電子顕微鏡学会総会 平成16年11月5-6日(熊本、ニュースカイホテル)

19. 川島牧、桑村充、竹屋元裕、山手丈至.
鯨目における肺血管内マクロファージの発見.
第10回 日本野生動物医学会大会 平成16年9月16-19日(東京、東京大学農学部弥生講堂)

20. 小阪崇幸、丸吉夏英、栗崎玲一、植川和利、堀川朝広、竹屋元裕.
長期透析療法中に発症したALSの1剖検例.
第168回 日本神経学会九州地方会 平成16年12月11日(鹿児島、鹿児島大学)


ページのトップへ

2004
2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017
  
2018 2019 2020 2021