1. Fukuda R, Suico MA, Kai Y, Omachi K, Motomura K, Koga T, Komohara Y, Koyama K, Yokota T, Taura M, Shuto T, Kai H.
Podocyte p53 limits the severity of experimental Alport syndrome.
J Am Soc Nephrol 27: 144-157, 2016.

2. Komohara Y, Fujiwara Y, Ohnishi K, Shiraishi D, Takeya M.
Contribution of Macrophage Polarization to Metabolic Diseases.
J Atheroscler Thromb 23: 10-17, 2016.

3. Komohara Y, Fujiwara Y, Ohnishi K, Takeya M.
Tumor-associated macrophages: potential therapeutic targets for anti-cancer therapy. (review)
Adv Drug Deliv Rev 99: 180-185, 2016.

4. Nohara T, Fujiwara Y, Ikeda T, Murakami K, Ono M, El-Aasr M, Nakano D, Kinjo J.
Two new bicyclic sulfoxides from Welsh onion.
J Nat Med 70: 260-265, 2016.

5. Kuwahara K, Yamamoto-Ibusuki M, Zhang Z, Phimsen S, Gondo N, Yamashita H, Takeo T, Nakagata N, Yamashita D, Fukushima Y, Yamamoto Y, Iwata H, Saya H, Kondo E, Matsuo K, Takeya M, Iwase H, Sakaguchi N.
GANP protein encoded on human chromosome 21/mouse chromosome 10 is associated with resistance to mammary tumor development.
Cancer Sci 107: 469-477, 2016.

6. Nakashima K, Miyashita H, Yoshimitsu H, Fujiwara Y, Nagai R, Ikeda T.
Two new prenylflavonoids from Epimedii Herba and their inhibitory effects on advanced glycation end-products.
J Nat Med 70: 290-295, 2016.

7. Ma C, Komohara Y, Ohnishi K, Shimoji T, Kuwahara N, Sakumura Y, Matsuishi K, Fujiwara Y, Motoshima T, Takahashi W, Yamada S, Kitada S, Fujimoto N, Nakayama T, Eto M, Takeya M.
Infiltration of tumor-associated macrophages is involved in CD44 expression in clear cell renal cell carcinoma.
Cancer Sci 107: 700-707, 2016.

8. Ohnishi K, Yamaguchi M, Erdenebaatar C, Saito F, Tashiro H, Katabuchi H, Takeya M, Komohara Y.
Prognostic significance of CD169-positive lymph node sinus macrophages in patients with endometrial carcinoma.
Cancer Sci 107: 846-852, 2016.

9. Motoshima T, Komohara Y, Horlad H, Tsukamoto H, Fujita M, Saito Y, Tanoue K, Kasejima Y, Sugiyama Y, Kawano Y, Nishimura Y, Takeya M, Eto M.
CXCL10 and CCL2 mRNA expression in monocytes is inversely correlated with the HLA-DR lower fraction of monocytes in patients with renal cell carcinoma.
Oncol Lett 11: 1911-1916, 2016.

10. Yamanaka M, Matsumura T, Ohno R, Fujiwara Y, Shinagawa M, Sugawa H, Hatano K, Shirakawa J, Kinoshita H, Ito K, Sakata N, Araki E, Nagai R.
Non-invasive measurement of skin autofluorescence to evaluate diabetic complications.
J Clin Biochem Nutr 58: 135-140, 2016.

11. Arima K, Okabe H, Hashimoto D, Chikamoto A, Tsuji A, Yamamura K, Kitano Y, Inoue R, Kaida T, Higashi T, Taki K, Imai K, Komohara Y, Beppu T, Takeya M, Baba H.
The diagnostic role of the neutrophil-to-lymphocyte ratio in predicting pancreatic ductal adenocarcinoma in patients with pancreatic diseases.
Int J Clin Oncol 21: 940-945, 2016.

12. Ishiuchi K, Jiang WP, Fujiwara Y, Wu JB, Kitanaka S.
Serralongamines B-D, three new Lycopodium alkaloids from Lycopodium serratum var. longipetiolatum, and their inhibitory effects on foam cell formation in macrophages.
Bioorg Med Chem Lett 26: 2636-2640, 2016.

13. Fujiwara Y, Horlad H, Shiraishi D, Tsuboki J, Kudo R, Ikeda T, Nohara T, Takeya M, Komohara Y.
Onionin A, a sulfur-containing compound isolated from onions, impairs tumor development and lung metastasis by inhibiting the protumoral and immunosuppressive functions of myeloid cells.
Mol Nutr Food Res 60: 2467-2480, 2016.

14. Tsuboki J, Fujiwara Y, Horlad H, Shiraishi D, Nohara T, Tayama S, Motohara T, Saito Y, Ikeda T, Takaishi K, Tashiro H, Yonemoto Y, Katabuchi H, Takeya M, Komohara Y.
Onionin A inhibits ovarian cancer progression by suppressing cancer cell proliferation and the protumour function of macrophages.
Sci Rep 6: 29588, 2016.

15. Takeya M, Komohara Y.
Role of tumor-associated macrophages in human malignancies: friend or foe?
Pathol Int 66: 491-505, 2016.

16. Horlad H, Ohnishi K, Ma C, Fujiwara Y, Niino D, Ohshima K, Jinushi M, Matsuoka M, Takeya M, Komohara Y.
TIM-3 expression in lymphoma cells predicts chemoresistance in patients with adult T-cell leukemia/lymphoma (ATLL).
Oncol Lett 12: 1519-1524, 2016.

17. Miyazaki T, Tonami K, Hata S, Aiuchi T, Ohnishi K, Lei XF, Kim-Kaneyama JR, Takeya M, Itabe H, Sorimachi H, Kurihara H, Miyazaki A.
Calpain-6 confers atherogenicity to macrophages by dysregulating pre-mRNA splicing.
J Clin Invest 126: 3417-3432, 2016.

18. Sueta D, Sugamura K, Shimizu H, Shiota T, Yamamuro M, Hirakawa K, Sakamoto K, Tsujita K, Hanatani S, Yamamoto E, Araki S, Kanazawa H, Kojima S, Kaikita K, Hokimoto S, Komohara Y, Ogawa H.
A rare case of long-term survival with idiopathic dilatation of the pulmonary artery.
Int J Cardiol 223: 337-339, 2016.

19. Hasita H, Ma C, Yano H, Pan C, Ohnishi K, Fujiwara Y, Endo S, Kikukawa Y, Okuno Y, Matsuoka M, Takeya M, Komohara Y.
An IL-27/Stat3 axis induces expression of programmed cell death 1 ligands (PD-L1/2) on infiltrating macrophages in lymphoma.
Cancer Sci 107: 1696-1704, 2016.

20. Takaki M, Tanaka T, Komohara Y, Tsuchihashi Y, Mori D, Hayashi K, Fukuoka J, Yamasaki N, Nagayasu T, Ariyoshi K, Morimoto K, Nakata K.
Recurrence of pulmonary alveolar proteinosis after bilateral lung transplantation in a patient with a nonsense mutation in CSF2RB.
Respir Med Case Rep 19: 89-93, 2016.

21. Nitta H, Shimose T, Emi Y, Imamura T, Ohnishi K, Kusumoto T, Yamamoto M, Fukuzawa K, Takahashi I, Higashi H, Tsuji A, Akagi Y, Oki E, Maehara Y, Baba H; Kyushu Study Group of Clinical Cancer (KSCC) ancillary study.
Expression of the anaphylatoxin C5a receptor in gastric cancer: implications for vascular invasion and patient outcomes.
Med Oncol 33: 118, 2016.

22. Tian Z, Miyata K, Kadomatsu T, Horiguchi H, Fukushima H, Tohyama S, Ujihara Y, Okumura T, Yamaguchi S, Zhao J, Endo M, Morinaga J, Sato M, Sugizaki T, Zhu S, Terada K, Sakaguchi H, Komohara Y, Takeya M, Takeda N, Araki K, Manabe I, Fukuda K, Otsu K, Wada J, Murohara T, Mohri S, Yamashita JK, Sano M, Oike Y.
ANGPTL2 activity in cardiac pathologies accelerates heart failure by perturbing cardiac function and energy metabolism.
Nat Commun 7: 13016, 2016.

23. Wu Y, Wei FY, Kawarada L, Suzuki T, Araki K, Komohara Y, Fujimura A, Kaitsuka T, Takeya M, Oike Y, Suzuki T, Tomizawa K.
Mtu1-Mediated Thiouridine Formation of Mitochondrial tRNAs Is Required for Mitochondrial Translation and Is Involved in Reversible Infantile Liver Injury.
PLoS Genet 12: e1006355, 2016.

24. Suenaga G, Ikeda T, Komohara Y, Takamatsu K, Kakuma T, Tasaki M, Misumi Y, Ueda M, Ito T, Senju S, Ando Y.
Involvement of Macrophages in the Pathogenesis of Familial Amyloid Polyneuropathy and Efficacy of Human iPS Cell-Derived Macrophages in Its Treatment.
PLoS One 11: e0163944, 2016.

25. Komohara Y, Takeya M.
CAFs and TAMs: Maestros of the tumour microenvironment.
J Pathol 240: 211-223, 2016.

26. Shiota T, Miyasato Y, Ohnishi K, Yamamoto-Ibusuki M, Yamamoto Y, Iwase H, Takeya M, Komohara Y.
The Clinical Significance of CD169-Positive Lymph Node Macrophage in Patients with Breast Cancer.
PLoS One 11: e0166680, 2016.

27. Fujiwara Y, Hizukuri Y, Yamashiro K, Makita N, Ohnishi K, Takeya M, Komohara Y, Hayashi Y.
Guanylate-binding protein 5 is a marker of interferon-γ- induced classically activated macrophages.
Clin Transl Immunology 5: e111, 2016

28. Komohara Y.
The role of tumor-associated microglia/macrophages in primary central nervous lymphoma: a new target for anti-lymphoma therapy?
Primary Central Nervous System Lymphoma (PCNSL): Incidence, Management and Outcomes.
Nova Science Publishers, Inc. p23-28, 2016.

29. 竹屋元裕.
ヒト悪性腫瘍におけるM2マクロファージ浸潤の意義.
炎症と免疫 24: 243-248, 2016.

30. 菰原義弘、竹屋元裕.
血液系腫瘍におけるマクロファージの役割(Role of macrophages in hematological malignancies).
血液内科 72: 85-89, 2016.

31. 竹屋元裕.
総論:がんと慢性炎症の密接な関係.
別冊BIO Clinica 慢性炎症と疾患 5:(1) 慢性炎症とがん, 10-11,  2016.

32. 菰原義弘.
カラーグラビア 病理アトラス 悪性腫瘍:その組織学的特徴と微小環境.
別冊BIO Clinica 慢性炎症と疾患 5:(1) 慢性炎症とがん,  2016.

33. 藤原章雄、菰原義弘、大西紘二、竹屋元裕.
マクロファージの活性化制御によるがん治療.
別冊BIO Clinica 慢性炎症と疾患 5:(1) 慢性炎症とがん, 112-117,  2016.

34. 大西紘二、菰原義弘、竹屋元裕.
リンパ節洞マクロファージとがん免疫.
別冊BIO Clinica 慢性炎症と疾患 5:(1) 慢性炎症とがん, 94-99,  2016.

35. 井上和彦、嵜山敏男、瀬戸山香苗、岩下祐司、齋藤誠哉、花田法久、菰原義弘、佐々木文郷、沼田政嗣、井戸章雄.
血便を契機に発見された成人空腸消化管重複症の1例.
日消誌 113: 662-671, 2016.

ページのトップへ


1. Komohara Y, Ma C, Takeya M.
Infiltration of tumor-associated macrophages is involved in CD44 expression in renal cell carcinoma (abstract only).
Keystone Symposia Conference, Stem Cells and Cancer, March 6 - 10, 2016 (Beaver Run Resort, Breckenridge, Colorado)

2. Toyohisa Iriki, Koji Ohnishi, Yoshihiro Komohara, Yukio Fujiwara, Motohiro Takeya, Hirotsugu Kohrogi.
Tumor-associated macrophages induces activation of STAT3 on small cell lung cancer cells.
American Thoracic Society: ATS Conference 2016, May 13-18, 2016 (San Francisco, USA)

3. Koji Ohnishi, Yoichi Saito, Takuya Shiota, Hasita Horlad, Yukio Fujiwara, Motohiro Takeya, Yoshihiro Komohara.
The Clinical relevance and prognostic significance of CD169+ lymph node macrophages in human malignant tumors.
The 24th International Symposium on Molecular Cell Biology of Macrophages, June 4-5, 2016 (Sola City Conference Center, Tokyo, Japan)

4. Yoshihiro Komohara, Hasita Horlad, Chaoya Ma, Shinya Endo, Yoshitaka Kikukawa, Yutaka Okuno, Masao Matsuoka, Motohiro Takeya.
Infiltrating Macrophages Express PD-L1 and PD-L2 in Lymphoma Microenvironment.
The 5th JCA-AACR Special Joint Conference, July 13-15, 2016 (Tokyo Bay Maihama Hotel Club Resort, Urayasu, Chiba)

5. Yoshihiro Komohara.
The significance of lymph node macrophages in the induction of anti-cancer immune response. (
Invited)
International Conference on Tumor & Cancer Immunology and Immunotherapy, July 28-30, 2016 (Melbourne, Australia)

6. Yoshihiro Komohara, Hasita Horlad, Chaoya Ma, Shinya Endo, Yoshitaka Kikukawa, Yutaka Okuno, Masao Matsuoka, Motohiro Takeya.
Infiltrating Macrophages Express PD-L1 and PD-L2 in Lymphoma Microenvironment.
THE 1ST MEETING OF THE YONGLIN HEALTHCARE SYMPOSIUM SERIES-“DNA PROCESSES, DRUGS AND CANCER” , November27-28 (National Taiwan University, Taiwan)

7. Yukio Fujiwara, Hasita Horlad, Daisuke Niino, Yutaka Okuno, Kikukawa Yoshitaka, Masao Matsuoka, Motohiro Takeya, Yoshihiro Komohara.
Inhibitory effect on Lymphoma Cell Proliferation by Regulating Cholesterol Metabolism Pathway.
THE 1ST MEETING OF THE YONGLIN HEALTHCARE SYMPOSIUM SERIES-“DNA PROCESSES, DRUGS AND CANCER” , November27-28 (National Taiwan University, Taiwan)

8. 吉岡陸、政岡晴行、近浦裕斗、西真生、中島雄太、藤原章雄、菰原義弘、竹屋元裕、水田博志、日垣秀彦、中西義孝.
人工関節摺動面から生じる超高分子量ポリエチレン摩耗粉の形態および生体反応に関する研究.
日本機械学会 第28回 バイオエンジニアリング講演会   平成28年1月9-10日(東京、東京工業大学)

9. 大西紘二.
胃腫瘍.
第349回 九州・沖縄スライドコンファレンス 平成28年1月30日(北九州、製鉄記念八幡病院)

10. 中川雄伸.
大学院生命科学研究部・細胞病理学分野における研究用組織標本作製支援の取り組み.
平成27年度 熊本大学総合技術研究会 平成28年3月8日(熊本、熊本大学医学総合研究棟)

11. 菰原義弘.
がんにおけるマクロファージの役割と重要性.
第3回 拠点形成研究A「代謝を基盤とした癌のグローバル先端研究教育拠点」発表会 平成28年3月10日(熊本、熊本大学医学部山崎記念館)

12. 元島崇信.
腎細胞癌患者における末梢血抑制性ミエロイド細胞の解析.
第3回 拠点形成研究A「代謝を基盤とした癌のグローバル先端研究教育拠点」発表会 平成28年3月10日(熊本、熊本大学医学部山崎記念館)

13. 宮里祐子.
乳癌におけるCD204陽性TAMの重要性.
第3回 拠点形成研究A「代謝を基盤とした癌のグローバル先端研究教育拠点」発表会 平成28年3月10日(熊本、熊本大学医学部山崎記念館)

14. 塩田拓也.
乳癌のがん免疫誘導におけるリンパ節マクロファージの重要性.
第3回 拠点形成研究A「代謝を基盤とした癌のグローバル先端研究教育拠点」発表会 平成28年3月10日(熊本、熊本大学医学部山崎記念館)

15. 入來豊久.
肺小細胞癌におけるTAMの重要性.
第3回 拠点形成研究A「代謝を基盤とした癌のグローバル先端研究教育拠点」発表会 平成28年3月10日(熊本、熊本大学医学部山崎記念館)

16. 藤原章雄、坪木純子、野原稔弘、池田剛、片渕秀隆、竹屋元裕、菰原義弘.
硫黄含有化合物ONAの腫瘍関連マクロファージの活性化制御を介した抗腫瘍作用.
日本薬学会 第136回年会 平成28年3月26日-29日(横浜、パシフィコ横浜)

17. 加來庸一郎、今岡治樹、森松嘉孝、徳永佳尚、松岡昌信、坂崎優樹、菰原義弘、藤原章雄、川山智隆、竹屋元裕、星野友昭.
気管支喘息患者及び喘息マウスモデルにおけるM2マクロファージの解析.
第56回 日本呼吸器学会学術講演会 平成28年4月8日-10日(京都、国立京都国際会館)

18. 有馬浩太、岡部弘尚、橋本大輔、近本亮、北野雄希、山村謙介、井上梨沙、辻顕、甲斐田剛圭、高城克暢, 東孝暁, 黒木秀幸、新田英利、菰原義弘、別府透、竹屋元裕、馬場秀夫.
好中球リンパ球比は膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)の悪性化予測に有用である.
第116回 日本外科学会定期学術集会 平成28年4月14-16日(大阪、大阪国際会議場)

19. 元島崇信、菰原義弘、野口紘嗣、山田壮亮、北田昇平、中山敏幸、河野吉昭、竹屋元裕、江藤 正俊.
乳頭状腎癌におけるPD-L1発現と予後との関連についての検討.
第104回 日本泌尿器科学会総会   平成28年4月23-25日(仙台、仙台国際センター)

20. 西東洋一、藤原章雄、菰原義弘、竹屋元裕.
CD163陽性マクロファージと脂質代謝との関連性:CD163欠損マウスは高脂肪食投与下で肥満抵抗性を示す.
第105回 日本病理学会総会 平成28年5月12日-14日(仙台、仙台国際センター)

21. 塩田拓也、村山寿彦、竹屋元裕.
潰瘍性大腸炎に巨細胞性心筋炎を合併した一例.
第105回 日本病理学会総会 平成28年5月12日-14日(仙台、仙台国際センター)

22. 菰原義弘.
膠芽腫におけるミクログリア・マクロファージの役割.
第57回 日本神経病理学会総会 平成28年6月1日-3日(弘前、ホテルニューキャッスル)

23. 加來庸一郎、今岡治樹、森松嘉孝、徳永佳尚、松岡昌信、坂崎優樹、藤原章雄、菰原義弘、川山智隆、竹屋元裕、星野友昭.
気管支喘息におけるM2マクロファージを中心とした新規病態の解明.
第65回 日本アレルギー学会学術大会 平成28年6月17日-19日(東京、東京国際フォーラム)

24. 竹屋元裕.
M1マクロファージとM2マクロファージ〜病態との関わり.
特別講演
平成28年度 熊本大学医学部呼吸器内科同門会 平成28年6月25日(熊本、熊本ホテルキャッスル)

25. 入來豊久、大西紘二、藤原章雄、池田公英、森毅、鈴木実、菰原義弘、興梠博次、竹屋元裕.
小細胞肺癌のSTAT3活性化における腫瘍随伴マクロファージの役割.
平成28年度 熊本大学医学部呼吸器内科同門会 平成28年6月25日(熊本、熊本ホテルキャッスル)

26. 大西紘二.
右頸部リンパ節腫脹.
第352回 九州・沖縄スライドコンファレンス 平成28年7月9日(鹿児島、鹿児島市立病院)

27. 菰原義弘.
ヒトがん病態とがん免疫におけるマクロファージの研究.
招待講演
大阪府立成人病センターOMCCセミナー 平成28年7月19日(大阪、大阪府立成人病センター研究所)

28. 藤原章雄、Horlad Hasita、菰原義弘、新野大介、奥野豊、菊川佳敬、松岡雅雄、竹屋元裕.
コレステロール代謝経路を標的とした高悪性度リンパ腫に対する新たな治療戦略.
第56回 日本リンパ網内系学会総会 平成28年9月1
-3日(熊本、ホテル日航熊本)

29. 大西紘二、菰原義弘、西東洋一、藤原章雄、竹屋元裕.
がん患者の抗腫瘍免疫におけるCD169陽性リンパ節洞マクロファージの重要性.
第56回 日本リンパ網内系学会総会 平成28年9月1
-3日(熊本、ホテル日航熊本)

30. 馬超亜、潘程、菰原義弘、カレーラス ジョアキム、中村直哉、竹屋元裕.
B細胞リンパ腫におけるM-CSFR発現の意義.
第56回 日本リンパ網内系学会総会 平成28年9月1
-3日(熊本、ホテル日航熊本)

31. 塩田拓也、宮里祐子、大西紘二、菰原義弘、指宿睦子、岩瀬弘敬、竹屋元裕.
乳癌患者におけるリンパ節CD169陽性マクロファージの臨床病理学的研究.
奨励賞受賞
第26回 日本樹状細胞研究会 平成28年9月2日(熊本、ホテル日航熊本)

32. 宮里祐子、塩田拓也、大西紘二、山本豊、指宿睦子、岩瀬弘敬、竹屋元裕、菰原義弘.
CD204陽性マクロファージは浸潤性乳管癌の予後予測に有用である.

第26回 日本樹状細胞研究会 平成28年9月2日(熊本、ホテル日航熊本)

33. 菰原義弘.
血球貪食症候群の骨髄病理.
招待講演
第19回 日本血液病理研究会 平成28年9月3日(熊本、ホテル日航熊本)

34. 菰原義弘、大西紘二、藤原章雄、竹屋元裕.
ヒト悪性腫瘍におけるマクロファージの役割ーがん免疫との接点.
招待講演
第44回 日本臨床免疫学会総会 平成28年9月8
-10日(東京、京王プラザホテル)

35. 菰原義弘、藤原章雄、Horlad Hasita 、矢野浩夢、潘程、竹屋元裕.
コレステロール排出経路を標的とした新たながん治療戦略.
第48回 日本臨床分子形態学会総会 平成28年9月23
-24日(熊本、くまもと県民交流会館パレア)

36. 藤原章雄、西東洋一、菰原義弘、竹屋元裕.
ヘモグロビンスカベンジャー(CD163)と脂質代謝との関連性について.
第89回 日本生化学会大会  平成28年9月25-27日(仙台、仙台国際センター)

37. 藤原章雄、Horlad Hasita、新野大介、奥野豊、菊川佳敬、松岡雅雄、竹屋元裕、菰原義弘.
脂質代謝制御によるリンパ腫に対する新たな治療戦略.
第75回 日本癌学会学術総会 平成28年10月6-8日(横浜、パシフィコ横浜)

38. ホルラド ハスタ、馬超亜、菰原義弘.
悪性リンパ腫における腫瘍関連マクロファージはPD-L1/2を発現する.
第75回 日本癌学会学術総会 平成28年10月6-8日(横浜、パシフィコ横浜)

39. 塩田拓也、宮里祐子、大西紘二、指宿睦子、岩瀬弘敬、竹屋元裕、菰原義弘.
乳癌患者におけるリンパ節CD169陽性マクロファージの臨床病理学的研究.
第75回 日本癌学会学術総会 平成28年10月6-8日(横浜、パシフィコ横浜)

40. 元島崇信、菰原義弘、野口紘嗣、山田壮亮、北田昇平、河野吉昭、高橋渡、杉本昌顕、竹屋元裕、藤本直浩、中山敏幸、小田義直、江藤正俊.
乳頭状腎細胞癌におけるPD-L1発現についての検討.
第75回 日本癌学会学術総会 平成28年10月6-8日(横浜、パシフィコ横浜)

41. 坪木純子、藤原章雄、高石清美、齋藤文誉、本原剛志、坂口勲、菰原義弘、田代浩徳、竹屋元裕、片渕秀隆.
Onionin Aによる卵巣癌細胞と癌微小環境中のM2マクロファージのSTAT3活性の制御.
第75回 日本癌学会学術総会 平成28年10月6-8日(横浜、パシフィコ横浜)

42. 原田守、飯田雄一、元島崇信、菰原義弘、江藤正俊.
抗CTLA-4抗体治療担がんマウスにおけるcyclophosphamideの多様な作用.
第75回 日本癌学会学術総会 平成28年10月6-8日(横浜、パシフィコ横浜)

43. 白石大偉輔、藤原章雄、HORLAD Hasita、菰原義弘、大西紘二、竹屋元裕、水田博志.
肉腫移植マウスモデルを用いた腫瘍進展におけるマクロファージスカベンジャー受容体CD163の機能解析.
第31回 日本整形外科学会基礎学術集会  平成28年10月13-14日(福岡、福岡国際会議場)

44. 中川雄伸.
奨励研究応募にあたっての研究計画調書作成の工夫.

科学研究費補助金(奨励研究)採択促進セミナー 平成28年10月23日(熊本、熊本大学工学部)

45. 田中朋子、大西紘二、金丸侑右、坂本憲二、山本英一郎、辻田賢一、小島淳、海北幸一、掃本誠治、小川久雄.
診断に苦慮した感染性胸部大動脈瘤の1剖検例.
第55回 日本脈管学会総会 平成26年10月30日-11月1日(倉敷、倉敷市芸文館)

46. 大西紘二、西東洋一、塩田拓也、ハスタ ホルラド、藤原章雄、竹屋元裕、菰原義弘.
悪性腫瘍患者におけるCD169陽性リンパ節洞マクロファージの臨床的意義.
第62回 日本病理学会総会 平成28年11月10日-11日(金沢、金沢市文化ホール)

47. 西東洋一、藤原章雄、菰原義弘、竹屋元裕.
マウス単球由来マクロファージと組織在住マクロファージにおけるCD163発現の違い.
第62回 日本病理学会総会 平成28年11月10日-11日(金沢、金沢市文化ホール)

48. 馬超亞、ハスタ ホルラド、大西紘二、菰原義弘、竹屋元裕.
リンパ腫内に浸潤したマクロファージにおけるPD-L1/2発現.
第62回 日本病理学会総会 平成28年11月10日-11日(金沢、金沢市文化ホール)

49. 川内竜太、牧山恵里香、木田徹也、菰原義弘、竹屋元裕、新留琢郎.
マグネタイト粒子を用いたがん細胞とマクロファージの分離.
日本バイオマテリアル学会シンポジウム2016 平成28年11月21
-22日(福岡、福岡国際会議場)

50. 元島崇信、菰原義弘、野口紘嗣、山田壮亮、北田昇平、河野吉昭、杉本昌顕、中山敏幸、藤本直浩, 竹屋元裕、小田義直、江藤正俊.
乳頭状腎細胞癌におけるPD-L1発現についての検討.
第68回 西日本泌尿器科学会総会   平成28年11月24-27日(下関、海峡メッセ下関)

51. 菰原義弘.
がんにおけるマクロファージの役割 がん免疫との接点も含めて.
招待講演
東海医学会 平成28年11月29日(平塚、東海大学松前記念館)

52. 東英梨月、山本誠士、村松昌、濱島丈、石井陽子、藤原章雄、竹屋元裕、新飯田俊平、笹原正清.
マウス創傷治癒モデルにおけるM2macrophageの機能解析.
第39回 日本分子生物学会年会 平成28年11月30日-12月2日(横浜、パシフィコ横浜)

53. 菰原義弘.
ヒトがん・肉腫の病態とがん免疫におけるマクロファージの役割.
招待講演
日本肉腫学会・日本臨床肉腫学会 第1回 合同年次総会 平成28年12月1
-2日(京都、京都平安ホテル)

54. 藤原章雄、HASITA Horlad、CHENG Pan、菰原義弘、新野大介、奥野豊、菊川佳敬、松岡雅雄、竹屋元裕.
高悪性度リンパ腫では脂質代謝経路が新たな治療ターゲットとなりうる.
第33回 日本薬学会九州支部大会   平成28年12月3-4日(鹿児島、鹿児島大学)

55. 秀拓一郎、菰原義弘、宮里祐子、牧野敬史、中村英夫、矢野茂敏、竹屋元裕、倉津純一.
オリゴデンドロサイトとマクロファージが腫瘍境界部分の膠芽腫ニッチを構成する.
第34回 日本脳腫瘍学会学術集会  平成28年12月4-6日(甲府、甲府富士屋ホテル)

56. 山崎耕喜、中西 義孝、中島雄太、藤原章雄、菰原義弘、竹屋元裕.
腫瘍環境下におけるヒト免疫細胞応答評価.
第4回 熊本大学医工連携フォーラム -生命科学と自然科学の連携- 平成28年12月20日(熊本、熊本大学医学総合研究棟)

2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017
 
2018 2019 2020 2021